「浮野の戦い」の版間の差分

翌年の{{和暦|1559}}、信長は軍勢を率い、信賢の本拠岩倉城を包囲。数ヶ月の篭城戦のあとに信賢は降伏した。のちに信長は信清も追放し、尾張統一を完成させた。信賢のその後は不明であるが、先に追放されていた信安はのちに赦免され[[総見寺]]の住職になっている。
 
また一説に、浮野の戦いが[[弘治 (日本)|弘治]]3年([[1557年]])、岩倉落城は[[永禄]]元年([[1558年]])とする説もある<ref>[[高澤等]]『新・信長公記』によれば、永禄2年は信長が年初から2月にかけて上洛しており、岩倉城攻略は2~3ヶ月の攻囲の後、3月に落城したとする『[[信長公記]]』と齟齬が生じるとし、[[山内一豊]]の父[[山内盛豊]]の墓碑の年号から浮野の戦いを弘治3年(1557年)、岩倉落城を[[永禄]]元年([[1558年]])、上洛が[[永禄]]2年([[1559年]])との説を立てている。</ref>。
 
この浮野の戦いにおいて岩倉勢として活躍した[[林弥七郎]]は先年の[[稲生の戦い]]で戦死した[[林通具|林美作守]]の縁者と云われる。弥七郎は弓の名手であり、信長方の鉄砲の名手[[橋本一巴]]と組討ちを演じたが痛み分けとなり、また、[[前田利家]]の弟の[[佐脇良之]]の右肘を斬り、負傷させたものの最後は良之に討ち取られている。その他、岩倉勢には後に大名となる[[山内一豊]]の父の[[山内盛豊]]や[[堀尾吉晴]]の父の[[堀尾泰晴]]も参戦していた。
76

回編集