「広島宝塚1・2・3」の版間の差分

[[1951年]](昭和26年)9月に『新天地劇場』としてオープン。[[1952年]](昭和27年)8月に東宝に経営権が移り『広島宝塚劇場』になる。[[1971年]](昭和46年)8月に閉館時まで使われる建物に建て替えられ。最盛期には4スクリーン持つ映画館だった。
 
末期は、[[アニメ]]作品(主に[[ドラえもん映画作品|ドラえもん]]、[[クレヨンしんちゃん (アニメ)#劇場版|クレヨンしんちゃん]]、[[ポケットモンスター (劇場版)|ポケットモンスター]])は宝塚1・2・3では上映されず、近隣の[[シネマコンプレックス]]での上映に移行している。また、[[2009年]]]](平成20年)[[9月6日]]に[[広島スカラ座]]が、[[11月13日]]に[[広島東映・広島ルーブル|広島東映・ルーブル]]が閉館したため、[[松竹]][[東急レクリエーション|東急]]系の洋画と邦画作品(例:『[[おとうと (2010年の映画)|おとうと]]』『[[ソーシャル・ネットワーク (映画)|ソーシャル・ネットワーク]]』等)も一部上映されるなど、番組編成が徐々にフリー化していった。
 
[[2011年]](平成23年)6月に同年8月末での閉館を発表。8月31日、午後6時42分終映の『[[コクリコ坂から]]』を持って閉館した。広島宝塚の閉館で、広島市内から[[序破急 (企業)|序破急]](シネツイン・サロンシネマ・八丁座)や成人館などを除いて、広島市中心部から大手映画会社系映画館は消滅した。
67,398

回編集