「関屋智義」の版間の差分

編集の要約なし
[[2000年]]にオープン戦の開幕投手に指名されながらも重度の腰痛でシーズンを棒に振ってしまい、オフに手術した。[[2001年]]のシーズン終盤に投手として復帰したが、[[2002年]]の9月に内野手転向([[遊撃手]])。しかし、同年10月に戦力外通告を受けた。
 
[[中日ドラゴンズ|中日]]、[[福岡ソフトバンクホークス|ダイエー]]、[[千葉ロッテマリーンズ|ロッテ]]のテストを受け、ダイエーのテストに合格・入団した。内野手転向した直後に横浜から戦力外通告を受けたため、「野手転向したばかりでクビになるとは思わなかった。拾ってくれたダイエーに[[恩返し]]したい」とコメントを残している。
[[2003年]]10月にトレード要員であることを告げられ、そのまま[[自由契約]]になり現役引退。
 
匿名利用者