「ヨハン・フリードリヒ (ザクセン選帝侯)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''ヨハン・フリードリヒ'''(1世)(Johann Friedrich (I.), [[1503年]][[6月30日]] - [[1554年]][[3月3日]])は、[[ザクセン君主一覧|ザクセン選帝侯]](在位:[[1532年]] - [[1547年]])。[[ヴェッティン家]][[エルネスティン家|エルンスト系]]のザクセン選帝侯[[ヨハン (ザクセン選帝侯)|ヨハン]]の長男。寛容侯(der Toleranze)とも呼ばれる。
 
[[マルティン・ルター]]と友好関係にあり、[[ヘッセン方伯]][[フィリップ1世 (ヘッセン方伯)|フィリップ]]と共に[[シュマルカルデン同盟]]の盟主となった。しかし、1547年に[[神聖ローマ皇帝]][[カール5世 (神聖ローマ皇帝)|カール5世]]に[[シュマルカルデンの戦い|ミュールベルクの戦い]]で敗れて[[選帝侯]]位と所領を奪われ、[[はとこ|又従弟]]でヴェッティン家の別系統([[アルベルティン家|アルブレヒト系]])に属する[[モーリッツ (ザクセン選帝侯)|モーリッツ]]に与えられた。
 
しかし、モーリッツの勢力拡大を恐れたカール5世は、ヨハン・フリードリヒの子息たちに[[テューリンゲン州|テューリンゲン]]の各地の領土を与えて、ヴェッティン家の統一を阻んだのである。
4,648

回編集