「アイアンハイド」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: ko:아이언하이드)
 
=== 玩具 ===
元の玩具は 『[[ダイアクロン]]』・カーロボットの[[日産・バネット|チェリーバネット]]である。しかし元はダイアクロン隊員をフロントガラス越しに載せるパワードスーツのような位置づけであったため、顔が無く車体後部が移動砲台になるなど、アニメと大きく異なる。当時開発に携わったタカラトミーのスタッフ・大野光仁も「消化不良」と評し、「ダイアクロンでは隊員を乗せられるが、ヒーローロボットとしては異質だったのでいつか作り直したい」とコメントしたこともある<ref name="movie">坂本章編「ROBOT IN DISGUISEを生み出した人々(1)」『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー ファーストシリーズ・コンプリート』ジャイブ出版、2004年12月23日、ISBN 4-86176-036-4、120頁。</ref>。
 
当時、日本では発売されず、2001年に『[[トランスフォーマー 復刻版#コレクターズエディション|コレクターズエディション]]』にてイベント限定で復刻。
 
2007年の『[[トランスフォーマー アンコール]]』では「05」として初の一般発売が行われ、パッケージのベロの部分がペーパークラフトになっており、アニメ版の顔を再現可能。
 
2008年にはダイアクロン時代の黒いボディを再現した「アイアンハイド プロテクトブラック」がe-hobby通販限定で発売された。
 
==== その他の玩具 ====