「ラメ定数」の版間の差分

m
編集の要約なし
(新しいページ: ''''ラメ定数'''(ラメていすう、{{lang-en-short|Lamé's constants}}、'''ラメ乗数''')とは、 線形弾性論の基礎式で用いられる定...')
 
m
線形弾性論において[[フックの法則]]は、ラメ定数<math>\lambda</math>、<math>\mu</math>を用いて次のように表される。
 
:<math>\sigma_{ij}=2\mu\varepsilon_{ij}+\lambda\varepsilon_{kk}\delta_{ij}</math>
 
ここで、<math>\sigma</math>は[[応力]]、<math>\varepsilon</math>は[[ひずみ]]を表す。
21

回編集