「カムチャツカ地方」の版間の差分

編集の要約なし
m
 
== 地理 ==
[[アジア]]で有数の広さのの[[半島]]、[[カムチャツカ半島]]の全域を占め、北に[[マガダン州]]、[[チュコト自治管区]]と隣接する。東は[[ベーリング海]]、西は[[オホーツク海]]である。火山帯が走り、約300の[[火山]]がある。うち、29が[[活火山]]。[[ユーラシア大陸]]でもっとも高い火山である[[クリュチェフスカヤ山]](4,750m)の他、[[ウシュコフ火山]]([[:en:Ushkovsky|en]])、[[カーメン火山]]([[:en:Kamen_(volcano)|en]])、[[シベルチ火山]]([[:en:Shiveluch|en]])、[[コリャーク火山]](コリャークスキー, [[:en:Koryaksky|en]])、[[アヴァチン火山]](アヴァチンスキー, [[:en:Avachinsky|en]])、[[ズーパノフ火山]](ズーパノフスキー, [[:en:Zhupanovsky|en]])などの活発な火山がある。火山の他にも噴気孔や[[間欠泉]]も多い。
 
カムチャッカの火山群は[[1996年]]に[[国際連合教育科学文化機関|ユネスコ]]の[[世界遺産|世界自然遺産]]に登録された。
匿名利用者