「片山津温泉」の版間の差分

m
ホテルという表記は誤解を招くので、観光旅館と修正。
m (ホテルという表記は誤解を招くので、観光旅館と修正。)
 
== 温泉街 ==
旅館数14軒ほどのこぢんまりした温泉街が、柴山潟南岸に見える。廃業かつては北陸有数の歓楽温泉とて発展し、型ホテル小30軒以上の観光旅館が林立していたが、次々に廃業。それらの廃屋が問題となっていたが、2006年に加賀市が廃業旅館の解体助成制度を整備すると撤去が進み、代わりに[[老人ホーム]]などの福祉施設や新たに総湯が建てられるなど町並みに変化が起こっている<ref name="yomiuri20090814">{{cite news |title=廃業旅館 一掃再起に光 |author= |newspaper=読売新聞 |date=2009-08-14 |url=http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/feature/kanazawa1249918995728_02/news/20090814-OYT8T00173.htm |accessdate=2011-06-23}}</ref>。尚、近年になり廃業等の宿泊施設を買収して再生させる「格安ホテルチェーン観光旅館」の進出が著しい。
 
== 歴史 ==
発見は[[承応]]2年([[1653年]])だが、本格的に開発されたのは[[明治]]になってからである。北陸最大級の[[山代温泉]]と同じ最寄り駅であり、山代、そして山中と共に歓楽温泉として発展を遂げていった。全盛期の1980年には151万人の温泉客が訪れたが、バブル崩壊後による消費低迷や、団体客から個人客へのニーズ変化とその対応の遅れなどで低迷し、2007年には32万人にまで落ち込んだ<ref name="yomiuri20090814" />。今日では柴山潟の花火打ち上げやサイクリングロード整備によるレジャー開発、また[[中谷宇吉郎]]「雪の科学館」の建設、[[総湯]]の新設などで巻き返しを図っている。
 
== アクセス ==
 
;バス
* 加賀温泉駅および大聖寺駅から、[[まちづくり加賀]]が運行する観光周遊バス「[[キャン・バス]]」で「片山津温泉西口」または「片山津温泉湯の元公園」下車。約60分。前述のタクシーよりも所要時間が長いのは、周辺の観光地を片方向循環して運行するためである。<br /><del>かつては小松駅や動橋駅、加賀温泉駅から一般の路線バスが多数運行されていたが、[[2008年]][[3月]]に加賀温泉駅を結ぶ[[加賀温泉バス]]運行の路線が廃止された。そを最現在は一般旅館組合路線バスは運行されていない。</del><br />要望により、2010年秋頃から、加賀温泉駅から「温泉片山津線」が試験的に復活しており、現在は加賀温泉駅から一般のバス路線で10分程度で結ばれている。
 
;車
586

回編集