「本多流生弓会」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
== 概略 ==
元来弓を斜面に構えて打起こす射法であった尾州竹林派を改め、正面に構えて打起こし大三を取って後分けることを特色とする。
こうした新射法はいわば礼射と武射の融合とも考えられ、明治維新後の時代背景と相まって瞬く間に全国に広まった。
この新射法は発案者である本多利實が東京帝国大学および旧制第一高校の各弓術部の師範となったことからここを拠点として広まったが、東京帝大出身者らが各界でそれぞれ重きをなしたことからやがて設立された[[大日本武徳会]]、そして戦後に設立された[[全日本弓道連盟]]においても本多流は中心的地位を占めるに至った。
現在全日本弓道連盟において基本として指導されることが多いのも正面打起しの射法であるが、これも基本的に本多流の流れを汲むものであると言える。
 
なお流祖である本多利實は生前は自分の流派を「正面打起しの竹林派」と呼び、本多流とは呼んでいなかった。
本多流という呼称は利實の門弟らによって使われ始め、本多利時が二世宗家を継承する際に確立された。
 
== 射法 ==
弓を体の正面に構えそのまま正面に打起こした後(正面打起し)、大三を経て引分ける。
正面打起しを行うのは小笠原流と同様であるが、大三を取るという点では一線を画する。
また本多流は四つガケを用いるとされることもあるが、実際には三つガケを用いる射手も多い。
とはいえ流祖利實を始めとして、多くの本多流射手が四つガケを好んで使用している。
 
利實の著作によると幕末の[[江戸]]ではすでに多くの武士が正面打起しを行なっており、自身も幼少時に修業を始めた時から正面打起しに慣れていたということである。しかし竹林派の伝書には左方に弓構えをすると書かれており、『[[徳川吉宗]]の時代に[[小笠原流|小笠原]]に対して旗本の指南を命じられたため、騎射・礼射の弓構えを的前でも行なうようになったのであろう』『要前(戦場の歩射)では左方に構えなければならず、小笠原でもずっと以前はそうしていたと思う。馬上では正面に構える方が都合が良いが、的前ではどちらにも一得一失があり、たいした違いは無い』と考察している。実際に小笠原流の蟇目の儀等で斜面に打起す場合がある。これらのことを踏まえても日置流系の射術書に正面打起しを著述したのは利實が最初であり、利實が「竹林派に正面打起しを取り入れた」と言える。
 
利實の高弟らは当時「新射法」と呼ばれたこうした射法が姿勢の左右均衡を計り身体健康に適ったものであると唱え、かくして本多流は瞬く間に隆盛を極めるに至った。
その一方で他流派の射手からは「本多の出っ尻帆掛け舟」などと本多流の射法を揶揄する文言が聞かれたのもまた事実である。
 
利實の没後、本多流を継承・研究するため利實の門弟らによって生弓会が発足した。
現在の本多流射法は利實の射法を元として、生弓会によって徐々に確立されていったものであると言える。
 
== 宗家 ==
本多流は尾州竹林派とされているが竹林派には複数の系統があり、そのうち長屋六左衛門忠重 - [[星野茂則|星野勘左衛門茂則]] - 渡邊甚左衛門寛(江戸住)と伝えられた江戸竹林の系統である。他にも江戸竹林と呼ばれる系統があり、正確には「日置流尾州竹林派六左衛門系の星野系江戸竹林派」と言える。
 
利實の父本多八十郎利重は[[江戸幕府]]の[[旗本]]であり、家系としては[[本多忠政]]の[[養子縁組|烏帽子子]]本多八十郎利友の11代である。家紋は「立ち葵」。血縁としては日置流竹林派(江戸竹林)家元伊藤金之丞實乾の次男で、旗本本多家の養子となる。實乾より家元を継いだ津金新十郎胤保から竹林派家元を継いだ。
匿名利用者