「放蕩」の版間の差分

編集の要約なし
(記事化)
編集の要約なし
放蕩とは自分の思うままに振る舞うことであり、やるべきことをやらず自分のやりたい放題にして、家の財産などを蕩尽すること(つかいつくしてゆくこと)である。特に、[[酒]]([[飲酒]])にふけったり、女遊びにふけることを指すことが多い<ref>広辞苑第五版p.2438【放蕩】</ref><ref>大辞泉</ref>。
 
放蕩を繰り返す人は「放蕩者 ほうとうもの」「[[放蕩息子]]」「放蕩児」などと呼ばれている。
 
上記の呼称で呼ばれた人、呼ばれている人は数限りなくいるのではあるが、過去の人物の具体例を幾人か挙げると、たとえば[[アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック]]や[[薩摩治郎八]]などがそう呼ばれることがある<ref>式場 隆三郎 「放蕩の貴族ロートレック」芸術新潮 2(11), 126-134, 1951-11</ref> <ref>鹿島 茂「蜃気楼を追いつづけた男--薩摩治郎八が失くしたものと残したもの(パリの放蕩息子バロン・サツマ物語)」芸術新潮 49(12), 6-25, 1998-12</ref>。
匿名利用者