「親友」の版間の差分

編集の要約なし
m (スタブテンプレート変更)
親友の存在は人間の発達段階で非常に重要とされ、[[ハリー・スタック・サリヴァン]]は1953年に出版された『The interpersonal theory of psychiatry』において、児童期(juevnile period、4,5~14,15歳)における親友(chum)というものは「[[癒し]]」の効果があると説いている。
 
{{独自研究|section=1|date=2011年11月}}
== 物語の中における親友 ==
現実の親友とは、何ら広義が変わらない場合が多いが、中には「主人公の親友であってライバル」というポジションがある。<br>
匿名利用者