「ルウク・スカイウォーカー」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
ルウク・スカイウォーカー('''Luuke Skywalker''')は、旧共和国時代の[[ジェダイ・マスター]]、[[ジョラス・シボース]]の[[クローン]]、ジョルース・シボースが作り出した[[ルーク・スカイウォーカー]]のクローン。
 
 
 映画、『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』では、ルークがガス惑星ベスピンでダース・ヴェイダーと対峙し右腕を切り落とされる描写があるが、小説中では、この切り落とされた片腕をひそかに帝国軍が回収し、取り出していた遺伝子データ'''''サンプルB-2332-54'''''からルウク・スカイウォーカーが造られたという設定になっている。
惑星ウェイランドのタンティス山のシボースの基地の玉座の間でルークとライトセーバーで戦い、危うくルークを殺されかけたが、のちにルークの妻となる[[マラ・ジェイド]]の助太刀で倒された。これによりマラは、「スカイウォーカーを殺せ」というなき皇帝の強い命令を実行したことになり、これ以上その命令にさいなまれることがなくなった。
 
{{stub}}
[[Category:スター・ウォーズの登場人物|すかいうおか るうく]]
13,502

回編集