「志筑藩」の版間の差分

編集の要約なし
'''志筑藩'''(しづくはん)は、[[常陸国]][[新治郡]]志筑(現在の[[茨城県]][[かすみがうら市]])周辺を領した小藩。藩庁は[[志筑陣屋]]に置かれた。
 
==概要==
[[慶長]]7年([[1602年]])、[[佐竹氏]]の[[出羽]][[久保田藩]]減移封に伴って[[出羽国]]([[秋田県]][[美郷町 (秋田県)|美郷町]])より移封となった[[本堂茂親]]が、[[正保]]2年([[1645年]])に[[陣屋]]を構え、[[廃藩置県]]まで[[本堂氏]]10代が治めた。但し、石高は8,000石の[[旗本]]([[交代寄合]])であり、1万石の[[大名]]として諸侯に列したのは第10代[[本堂親久|親久]]であった。
 
また[[幕末]]に活躍するした[[新撰組]]隊士・のち[[御陵衛士]]の[[伊東甲子太郎]]、[[鈴木三樹三郎]]兄弟は当藩の出身である。
 
==歴代藩主==
 
{{江戸時代の藩}}
{{DEFAULTSORT:しつくはん}}
 
[[Category:藩|しすくはん]]
[[Category:本堂氏|*常陸国]]
[[Category:茨城県の歴史本堂氏|しすくはん]]
[[Category:茨城県の歴史]]
[[Category:かすみがうら市]]
 
[[ko:시즈쿠 번]]