「ムドロス休戦協定」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
[[ファイル:Agamemnon at Mudros.jpg|thumb|250px|[[1915年]]の[[ガリポリの戦い]]の際、[[ダーダネルス海峡]]に出撃しムドロス港に停泊する[[ロード・ネルソン級戦艦]][[アガメムノン (戦艦)|アガメムノン]]。3年後の1918年10月、再度ムドロス港に入港したアガメムノンの艦上が休戦協定の舞台となった]]
 
'''ムドロス休戦協定'''(むどろすムドロスきゅうせんきょうてい、{{lang-en|Armistice of Moudros}}; {{lang-tr|Mondros Ateşkes Anlaşması}})は、[[1918年]][[10月30日]]、[[連合国 (第一次世界大戦)|連合国]]と[[オスマン帝国]]との間で締結された[[休戦協定]]。
 
[[ダーダネルス海峡]]の入口に浮かぶ[[ギリシア]]領[[リムノス島]]の、ムドロス港(マウドロス港)に停泊中の[[イギリス海軍]]戦艦[[アガメムノン (戦艦)|アガメムノン]]の艦上で、オスマン帝国の海軍大臣[[ラウフ・オルバイ]]とイギリス海軍[[地中海艦隊 (イギリス)|地中海艦隊]]の提督サマーセット・アーサー・ゴフ=カルソープ(Somerset Arthur Gough-Calthorpe)らが署名した<ref>Karsh, Efraim, ''Empires of the Sand: The Struggle for Mastery in the Middle East'', (Harvard University Press, 2001), 327.</ref> 。この休戦協定で、[[第一次世界大戦]]の[[中東戦線 (第一次世界大戦)|中東戦線]]での戦闘に終止符が打たれ、連合国諸国とオスマン帝国との戦争はオスマン帝国の敗戦に終わった。
4,564

回編集