「佐々倉桐太郎」の版間の差分

{{和暦}}を推奨
({{和暦}}を推奨)
'''佐々倉 桐太郎'''(ささくら とうたろう、[[天保]]元年([[1830年]]) - [[明治]]8年([[1875年]])[[12月17日]])は、[[幕末]]の[[幕臣]]。[[明治時代|明治期]]の[[大日本帝国海軍|海軍]][[教官]]。[[諱]]は義行。
 
== 履歴 ==
[[江戸]]に生まれ、[[御家人]]の結城家から[[遠国奉行|浦賀奉行所]]組[[与力]]佐々倉家の養子となる。[[弘化]]3年([[1846年]])のアメリカ使節[[ジェームズ・ビッドル|ビッドル]]、[[嘉永]]6年([[1853年]])の[[マシュー・ペリー|ペリー]]来航時に応接掛、嘉永7年([[1854年]])に[[鳳凰丸]]建造掛を務め、鳳凰丸の副将に任命された。
 
[[明治]]4年([[1871年]])[[海軍兵学校 (日本)|海軍兵学寮]]に出仕、[[明治]]6年([[1873年]])には兵学権頭となり、海軍軍人の育成に努めた。
 
== 人物 ==
[[咸臨丸]]が、[[サンフランシスコ]]に入港した際、米海軍から21発の礼砲をうけた。この際、日本側から答砲の話がでたが、これに対して[[勝海舟]]は失敗したら恥になるからと、強硬に反対した。これに対して佐々倉は失敗はしない。答砲すべきだと反論した。それに対し勝は「成功したら俺の首をやる」と言い不快感をあらわした。
その結果、無事答砲は成功し、佐々倉は「今[[勝海舟|勝麟]]の首を貰っても良いが、艦長も首が無いと不便だろうから、日本に着くまで預けておこう」と言い乗組員を笑わせたと言う。
 
== 登場作品 ==
* '''テレビドラマ'''
** [[天皇の世紀#第一部(テレビドラマ)|天皇の世紀]]({{jdate|1971}}(1971年 演:[[宮崎和命]])
** [[勝海舟 (NHK大河ドラマ)|勝海舟]]({{jdate|1974}}(1974年 演:[[柳生博]])
** [[勝海舟 (テレビドラマ)|勝海舟]]({{jdate|1990}}(1990年 演:[[片桐竜次]])
 
== 関連項目 ==
* [[咸臨丸]]
* [[中島三郎助]]
 
{{DEFAULTSORT:ささくら とうたろう}}
[[Category:1830年生]]
[[Category:1875年没]]
== 関連項目 ==
* [[咸臨丸]]
* [[中島三郎助]]
匿名利用者