「ラメ定数」の版間の差分

編集の要約なし
m
[[線形弾性論]]の基礎式で用いられる定数。
 
弾性係数の一つで、応力の変化を与えたとき、弾性体の軸方向、剪断方向への変化のしやすさを表す。
 
== 概要 ==
 
線形弾性論において[[フックの法則]]は、ラメ定数<math>\lambda</math>、<math>\mu</math>を用いて次のように表される。
21

回編集