「筑後十五城」の版間の差分

曖昧さ回避処置
(曖昧さ回避処置)
'''筑後十五城'''(ちくごじゅうごじょう)は[[戦国時代]]の[[筑後国]]における[[大身]]十五家の総称である。
 
筑後国には一国を統一する勢力は出現せず、近隣の大大名で[[筑後国|筑後]][[守護]]となっていた[[大友氏]]の幕下で各地域の[[国人]]領主が共存共栄的に存在していた。それらの国人の中でも特に力を持っていた15の家を「大身十五家」あるいは「筑後十五城」と言う。
 
その筆頭で筑後を統括していたのが下筑後に1万町(後の禄高表記では約10万石)を領し、[[柳川城]]を本拠とした[[蒲池氏]]だった。『大友幕下筑後領主附』において蒲池氏本家で柳川に拠る下蒲池(1万町)と、分家で山下に拠る上蒲池(8千町)に分かれているのは、筑後における蒲池氏の勢力が強大になり、大友幕下から独立してしまう事を恐れた大友氏が、[[蒲池鑑久]]の弟の[[蒲池親広]]に別家をたてさせて大名分として取り立てたことによる。