「江川卓 (ロシア文学者)」の版間の差分

修正。
(修正。)
'''江川 卓'''(えがわ たく、[[1927年]][[1月24日]] - [[2001年]][[7月4日]])は、[[東京都]]出身の[[ロシア文学者]]、[[東京工業大学]][[名誉教授]]。本名は「'''馬場 宏'''(ばば ひろし)」。
 
[[フョードル・ドストエフスキー]]の[[翻訳]]・[[研究]]などで知られる。[[日本放送協会|NHK]]の[[ロシア語講座]]の講師も長く務め、多くの人に親しまれた。
ロシア文学者の[[外村史郎]]こと馬場哲哉の長男として出生。弟は『[[新婚さんいらっしゃい!]]』などの番組を制作した元[[朝日放送]][[テレビプロデューサー]]の[[馬場淑郎]]。
 
東京府立大第十中学(現:[[東京都立西高等学校|東京府立第十中学校]])から[[第一高等学校 (旧制)|第一高等学校]]を経て[[東京大学]]法学部卒業。中学の同期に経営者・詩人の[[堤清二]]がいる。[[東京工業大学]]助教授、同大学教授、[[中京大学]]教授を歴任した。東京工業大学から名誉教授の称号を受ける。1987年、『謎解き「罪と罰」』で[[読売文学賞]]受賞。
 
2001年7月4日午前9時13分、[[気管支炎]]のため、74歳で逝去した。
 
== ペンネーム ==
本名と無関係のペンネームを使用したのは、戦後間もない頃、[[ロシア文学]]などやに携わっていると[[共産主義者]]であると疑われていたような時代に、秘密の文学サークルを作って活動していた時代の名残である。
 
由来は、中国の[[揚子江]]で酒を呑んだらうまかろうという思いから<ref>[[朝日新聞]]東京本社企画報道部編『惜別 忘れ得ぬ人たち』[[主婦の友社]]、2003年、p16</ref>。
194,505

回編集