「休養王座」の版間の差分

m
m (WP:LAY)
'''休養王座'''(きゅうようおうざ)は'''休暇王座'''(きゅうかおうざ)とも呼ばれ、[[ボクシング|プロボクシング]]の世界王者(通常は[[正規王座|正規王者]]だが、まれに[[スーパー王座|スーパー王者]]、[[暫定王座|暫定王者]]の場合もある)が長期にわたって戦線を離脱し、'''休養王者''' ({{Lang-en-short|champion in recess}}、'''休暇王者'''とも)として認定された場合に与えられる王座である。
 
== 定義 ==
== これまでの事例 ==
[[国際ボクシング連盟]] (IBF) ではテロン・ミレット<ref>{{Cite web|url=http://articles.nydailynews.com/2000-08-05/sports/18158110_1_ibf-junior-welterweight-championship-terronn-millett-sharmba-mitchell|title=Millett Fighting To Get Belt Back|author=Tim Smith|date=2000年8月5日|publisher=[[デイリーニューズ (ニューヨーク)|デイリーニューズ]]|language=英語|accessdate=2011年11月17日}}</ref>、世界ボクシング評議会 (WBC) では[[ロイ・ジョーンズ・ジュニア]]<ref>{{Cite web|url=http://articles.nydailynews.com/1998-07-20/sports/18090811_1_lou-del-valle-jones-teddy-atlas|title=Jones Shows How To Take Command|author=Michael Katz|date=1998年7月20日|publisher=デイリーニューズ|language=英語|accessdate=2011年11月17日}}</ref>、[[エドウィン・バレロ]]<ref>{{Cite web|url=http://boxingnewsboxon.blogspot.com/2010/02/blog-post_10.html|title=バレロが王座返上! WBCは休暇王者扱いに|date=2010年2月10日|publisher=ボクシングニュース「Box-on!」|accessdate=2011年11月17日}}</ref>、[[ミッケル・ケスラー]]<ref>{{Cite web|url=http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=31731|title=Mikkel Kessler Will Retire if The Eye Injury Continues|author=Mark Vester|date=2011年10月12日|publisher=BoxingScene.com|language=英語|accessdate=2011年11月17日}}</ref>、[[イスラエル・バスケス]]<ref>{{Cite web|url=http://boxingnewsboxon.blogspot.com/2009/06/blog-post_06.html|title=バスケス復帰決定 フェザー級に活路求める|date=2009年6月6日|publisher=ボクシングニュース「Box-on!」|accessdate=2011年11月17日}}</ref>、[[ティモシー・ブラッドリー]]<ref>{{Cite web|url=http://boxingnewsboxon.blogspot.com/2011/08/blog-post_03.html|title=ブラッドリーは「休養王者」 WBC会長が弁明|date=2011年8月3日|publisher=ボクシングニュース「Box-on!」|accessdate=2011年11月17日}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=42175|title=Fighting Words: We Can’t Ignore the Sanctioning Bodies|author=David P. Greisman|date=2011年8月1日|publisher=BoxingScene.com|language=英語|accessdate=2011年11月17日}}</ref>、[[エリオ・ロハス]]<ref>{{Cite web|url=http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=32662|title=Elio Rojas is Targeting a Ring Return in Early 2011|author=Jhonny Gonzalez|date=2010年11月9日|publisher=BoxingScene.com|language=英語|accessdate=2011年11月17日}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://www.sponichi.co.jp/osaka/spor/201009/16/spor222640.html|title=長谷川、再起戦で2階級制覇だ 11・26世界戦決定|date=2010年9月16日|publisher=[[スポーツニッポン]]|accessdate=2011年11月17日}}</ref>、世界ボクシング協会 (WBA) では[[ノエル・アランブレット]]<ref>{{Cite web|url=http://www.secondsout.com/world-boxing-news/main-world-news/gejon-stops-panamanian-foe|title=Gejon stops Panamanian foe|author=Salven L. Lagumbay|date=2004年1月31日|publisher=SecondsOut.com|language=英語|accessdate=2011年11月17日}}</ref>、[[トラヴィス・シムズ]]<ref>{{Cite web|url=http://www.thesweetscience.com/component/content/article/43-articles-of-2007/4827-no-more-waiting-for-travis-simms|title=No More Waiting for Travis Simms|author=Robert Ecksel|date=2007年1月2日|publisher=The Sweet Science|language=英語|accessdate=2011年11月17日}}</ref>、[[ルスラン・チャガエフ]]<ref>{{Cite web|url=http://sports.espn.go.com/sports/boxing/news/story?id=3762217|title=Recess over: Chagaev to fight Drumond on Feb. 7|author=[[AP通信]]|date=2008年12月11日|publisher=[[ESPN]]|language=英語|accessdate=2011年11月17日}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=15209|title=Ruslan Chagaev Training, Eyes Valuev vs. Ruiz Winner|author=Mark Vester|date=2008年1月8日|publisher=BoxingScene.com|language=英語|accessdate=2011年11月17日}}</ref>、[[ブライム・アスロウム]]<ref>{{Cite web|url=http://boxingnewsboxon.blogspot.com/2009/09/blog-post_08.html|title=アスロウムが引退を発表|date=2009年9月8日|publisher=ボクシングニュース「Box-on!」|accessdate=2011年11月17日}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://www.15rounds.com/who-are-boxings-real-world-champions-061209/|title=Who are Boxing’s “Real” World champions|author=Anson Wainwright|date=2009年6月13日|publisher=15rounds.com|language=英語|accessdate=2011年11月17日}}</ref>、[[クリス・ジョン]]<ref>{{Cite web|url=http://www.boxingscene.com/?m=show&opt=printable&id=35630|title=Chris John Will Not Wait, Plans To Fight in Jakarta|author=Jhonny Gonzalez|date=2011年2月5日|publisher=BoxingScene.com|language=英語|accessdate=2011年11月17日}}</ref>、[[アンセルモ・モレノ]]<ref>{{Cite web|url=http://www.fightnews.com/Boxing/moreno-could-be-allowed-to-defend-wba-belt-101655|title=Moreno could be allowed to defend WBA belt|author=Gabriel F. Cordero|date=2011年11月12日|publisher=Fightnews.com|language=英語|accessdate=2011年11月17日}}</ref>、[[ファン・カルロス・レベコ]]<ref>{{Cite web|url=http://www.fightnews.com/Boxing/day-1-wba-convention-101101|title=Day 1, WBA convention|author=Boxing Bob Newman|date=2011年11月7日|publisher=Fightnews.com|language=英語|accessdate=2011年11月17日}}</ref>、[[清水智信]]<ref>{{Cite web|url=http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20111115-863646.html|title=JBCがWBAに王者清水の休養扱い質問|date=2011年11月15日|publisher=[[日刊スポーツ]]|accessdate=2011年11月17日}}</ref>らの事例を生んでいる。これらの事例によれば、暫定王者(ファン・カルロス・レベコ)・スーパー王者(クリス・ジョン)が休養王者と認定されることもあり、WBAルールの条文で言及されているように休養王者の状態から返上や剥奪を余儀なくされることもある(イスラエル・バスケスなど)。ミッケル・ケスラーや[[ビタリ・クリチコ]]<ref>{{Cite web|url=http://www.thesweetscience.com/component/content/article/44-articles-of-2008/6463-horgans-heroes-10-best-heavies|title=Horgan's Heroes 10 Best Heavies|author=Dan Horgan|date=2008年12月28日|publisher=The Sweet Science|language=英語|accessdate=2011年11月17日}}</ref>などの事例では、休養王者と名誉王者 ({{Lang-en-short|champion emeritus}}) がしばしば混同され、その処遇から区別することは難しい。
 
== 脚注 ==
{{Reflist|2}}
 
== 関連項目 ==
* [[暫定王座]]
* [[故障者リスト]]
* [[公傷制度]]
 
== 脚注 ==
{{Reflist|2}}
 
{{Boxing-stub}}
2,312

回編集