「西宮名塩サービスエリア」の版間の差分

'''西宮名塩サービスエリア'''(にしのみやなじおサービスエリア)は、[[兵庫県]][[西宮市]]塩瀬町名塩の[[中国自動車道]]上にある[[サービスエリア]]である。[[吹田ジャンクション|吹田JCT]]から24km地点に位置している。
 
しものせきいn== 概要 ==
1988年7月に開設された。この区間の道路は以前から供用されており、SAだけが増設されたものである。これに伴い、[[赤松パーキングエリア|赤松PA]]に設置されていた[[ガソリンスタンド]]も当SAに移設された(ブランドは変更なし)。仮称は'''六甲サービスエリア'''だった。{{要出典|date=2010年9月}}
 
下り線は手前のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)からの距離がいずれも長く([[名神高速道路|名神]][[桂川パーキングエリア|桂川PA]]から48.1km、[[阪和自動車道|阪和道]][[岸和田サービスエリア|岸和田SA]]から80.0km、[[西名阪自動車道|西名阪道]][[香芝サービスエリア|香芝SA]]から62.8km)、また付近の中国道は日本有数の常時[[渋滞]]が多発しやすい'''名塩坂'''区間である([[宝塚トンネル]]を参照)ほか<ref>名神⇔中国道と乗り継ぐ場合、宝塚トンネルより東の[[吹田ジャンクション|吹田JCT]]や[[天王山トンネル]]付近でも渋滞が頻発するため、休日や帰省時期となると距離が長い上に渋滞区間も多くなる。</ref>、SAの割には敷地が狭く駐車台数も少ないことから関西圏で最も混雑が激しい。このため、SA手前の本線上には、SA内の駐車場空き状況の表示板も設けられている。
 
年末年始、ゴールデンウィーク、お盆などの混雑期には本線が大渋滞する上、SAへの入場待ちの車が路肩に列を作り、トイレに急ぐ同乗者が車を降りて路肩を歩く(高速道路の本線上は歩行禁止)光景も見受けられる。
匿名利用者