メインメニューを開く

差分

[[地殻変動]]や、[[侵食基準面]]の変動がその形成原因となる。[[侵食]]力を失った河川が[[隆起]]や海面低下などにより再び[[下刻]]を行うと、それまでの[[谷底平野]]内に狭い[[川谷]]が形成される。谷底平野は階段状の地形として取り残され、河岸段丘が形成される。これとは逆に、[[山地]]からの[[土砂]]供給により、形成される[[堆積段丘]]というものもある。
 
侵食が進んで河川勾配が[[侵食基準面]]に近付き侵食力が弱まると、段丘崖の下に新たな谷底平野が形成される。その後隆起などにより再び侵食力が強くなると新たな段丘崖が形成され、河岸段丘が多段になる。(・ε・)ムー
 
== 日本の河岸段丘 ==
匿名利用者