「ウイマム」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: ''''ウイマム'''とは、アイヌが隣邦の首長との間で行った交易形態。後に松前藩がアイヌの主だった指導者を藩主...')
 
'''ウイマム'''とは、[[アイヌ]]が隣邦の首長との間で行った[[交易]]形態。後に[[松前藩]]がアイヌの主だった指導者を藩主に拝謁させる[[儀式]]へと転化させた。
 
== 概要 ==
ウイマムの語源としては、[[日本語]]の「ういまみえ(初見)」「おめみえ(御目見得)」の転訛説と[[アイヌ語]]の「交易」を意味する語とする説がある。
 
[[元和 (日本)|元和]]元年([[1615年]])、アイヌの首長が松前藩主・[[松前公広]]に拝謁して[[海獺]]の毛皮を献上したのを機にアイヌによる松前藩へのウイマムが開始されたが、後に松前藩([[江戸幕府]]直轄時代は[[松前奉行]])が[[蝦夷地]]支配の手段として用いられるようになると、藩主がアイヌに謁見する「謁見礼」「目見得礼」へと転化していった。松前奉行支配の[[文化 (日本)|文化]]13年([[1816年]])は蝦夷地の[[場所請負制|場所]]を5つに分けて、漁閑期にあたる[[7月 (旧暦)|7月]]から[[9月 (旧暦)|9月]]に交替でウイマムを行わせた。また、幕府の[[巡検使]]に対するウイマムも行われた。
 
アイヌからの献上品は毛皮や海産物・工芸品など、松前藩・松前奉行からの下賜品は拝謁者の身分によって異なるものの、[[陣羽織]]・[[漆器]]・[[煙草]]・酒などであった。
== 参考文献 ==
*[[佐々木利和]]「ウイマム」(『日本史大事典 1』([[平凡社]]、1992年) ISBN 978-4-582-13101-7)
*[[菊池勇夫]]「ウイマム」(『国史大辞典 15』([[吉川弘文館]]、1996年) ISBN 978-4-642-00515-9)
*[[佐々木利和]]「ウイマム」(『日本歴史大事典 1』([[小学館]]、2000年) ISBN 978-4-095-23001-6)
 
{{DEFAULTSORT:ういまむ}}
[[Category:北海道の歴史]]
[[Category:江戸時代の経済]]
[[Category:アイヌ]]
[[Category:儀式]]
[[Category:日本の貿易の歴史]]
37,316

回編集