「がんもどき」の版間の差分

サイト移転及び主催企業名変更にともなう編集を行いました。
(サイト移転及び主催企業名変更にともなう編集を行いました。)
がんもどきはもともとは[[精進料理]](もどき料理)で[[肉]]の[[コピー食品|代用品]]として作られたものである。名前の由来については諸説あるが、最も知られているのは[[雁]]の肉に味を似せたとされることから「がんもどき」だという説である。他にも[[鳥類]]の肉のすり身を[[鶏卵]]大に丸めて煮たり蒸したりする料理「[[つくね|丸(がん)]]」に似せて作ったという説や、がんもどきの中に[[きくらげ]]ではなく安物の[[昆布]]で代用したら丸めた形の表面に糸昆布が現れてその様子が雁が飛んでいるかのように見えたからという説などが存在する。また現在では崩した豆腐に具材を混ぜ込んで揚げるが、江戸時代には饅頭のように豆腐で包んで揚げていたようである。([[豆腐百珍]]の記述より)
 
関西ではがんもどきを'''飛竜頭'''(ひりゅうず、ひりうず、ひろうす、ひりょうず)と呼ぶことが多い<ref>[http://www.shokuiku-tsushindaijiten.jpcom/open_mamechisiki.php?id=351&cid=351&p=2&f=2&r= がんもどきとひろうす、由来の謎?] - 株式会社日本食品薬化(食育通信社大事典「食育豆知識」</ref><ref>[http://www.takaitofu.com/fan/knowledge.html 「がんもどき」と「飛龍頭」または「ひろうす」] - 株式会社高井製作所(豆腐製造販売会社)による「豆腐豆知識」</ref>。ヒロウスとは[[ポルトガル語]]のフィリョース(filhos、小麦粉と卵を混ぜ合わせて油で揚げたお菓子<ref>[http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%B2%E3%82%8A%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%9A&dtype=0&stype=1&dname=0ss&ref=1&index=116740200000 大辞林による「飛竜頭(ひりゅうず)」]、[http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E9%A3%9B%E7%AB%9C%E9%A0%AD&dtype=0&stype=1&dname=0na&ref=1&index=18322515787600 大辞泉による「飛竜頭(ひりょうず)」] - 共にYahoo!辞書<!--ネットで検索してみると「広辞苑」にも「飛竜頭」として記述があるようですので、お持ちの方は検証と記述をお願いします。--></ref>)が語源といわれる。
 
== 脚注 ==
186

回編集