「6次産業」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎外部リンク: 農林漁業の再生のための基本方針)
編集の要約なし
'''六次産業'''(ろくじさんぎょう)とは、農業や水産業などの[[第一次産業]]が食品加工・流通販売にも業務展開している[[経営]]形態を表す、[[今村奈良臣]](いまむら ならおみ)が提唱<ref name=6ji-ind>{{Cite web|author=今村 奈良臣|url=http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/book/monthly/9611/html/t0.htm|title=新しい農業への模索、第六次産業の創造を21世紀農業を花形産業にしよう、一、二、三次産業を足したもの|publisher=二十一世紀村づくり塾|accessdate=2009-03-12}}</ref>した[[造語]]。また、このような経営の多角化を'''6次産業化'''と呼ぶ<ref>{{Cite web|author=農林|url=http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/kikaku/bukai/14/pdf/data2.pdf|title=農業の6次産業化|accessdate=2010-2-10}}</ref>。
六次産業だけでは農業全体がよくなるわけではなく、農協との棲み分けが重要である。
 
==概要==
 
例えば、農業の[[ブランド]]化、[[消費者]]への直接販売、[[レストラン]]の経営などが挙げられる。
コンセプトやスローガンとしては非常にわかりやすいが、いかにして実践していき、標記の目標を達成するかが最大の課題といえる。
 
第一次産業に付加価値をつけて高度化を目指すという観点では、[[1.5次産業]]化に類似しているが、6次産業は加工、流通を複合化させるという視点がより明確である。