メインメニューを開く

差分

ローカル線のサービス向上の一環として、1999年(平成11年)にモ592が、翌[[2000年]](平成12年)にはモ591がそれぞれ冷房化改造を施工された。冷房装置は[[三菱電機]]製CU77A型で、冷房用電源である[[静止型インバーター]](SIV)とともに屋上に搭載されている。冷房装置搭載に伴う車体補強と同時に、標識灯の角型2灯化、正面行先表示幕の再設置が行われて、正面から受ける印象に変化が生じている。なお、モ593は冷房化改造の対象から外れて、その後も非冷房仕様のまま使用された。
 
その後、美濃町線を含めた600V区間の路線全線廃止が決定した[[2004年]](平成16年)には、モ593がかつて軌道線区間用車両の標準塗装であったクリーム色と緑色のツートンカラーに塗装変更され、有終の美を飾った。そして2005年(平成17年)3月31日の美濃町線廃止に伴い、同日付で全車廃車となった。廃車後、冷房車であるモ591・592は土佐電気鉄道へ譲渡され、モ593は台車と主電動機のみが同社へ譲渡された<ref>現在[[土佐電気鉄道200形電車|200形]]221が装備している。</ref>。その後モ593は[[名鉄モ570形電車|モ570形]]の廃車発生品の台車と組み合わされて、旧[[美濃駅]]構内で[[静態保存]]されているが、[[2011年]][[3月9日]]に発生した美濃駅東側民家の火災に巻き込まれて延焼。<ref>旧美濃駅保存会HPのTOPに写真が掲載されている。</ref>現在車内見学は修復できなくなっ完了している。
 
== 土佐電気鉄道への譲渡 ==
匿名利用者