「久貝正方」の版間の差分

編集の要約なし
'''久貝 正方'''(くがい まさかた、[[慶安]]4年([[1651年]]) - [[享保]]4年[[11月14日 (旧暦)|11月14日]]([[1719年]][[12月24日]]))は、[[江戸幕府]][[旗本]]、[[勘定奉行|勘定頭]]。
 
== 人物==
[[松平氏信]]の次男。母方の祖父・[[久貝正世]]の養子となる。通称、甚三郎、弥右衛門、忠左衛門。号は意閑(致仕ののち)。官位は従五位下、因幡守(元禄12年)。妻は[[大久保教勝]]の娘、後妻は[[水野忠久]]の娘。養子に[[久貝正順]](徳川水戸家家臣[[久貝正武]]の子)、正順室([[松平氏清]]の娘)。
 
==経歴 ==
[[延宝]]3年([[1675年]])より定火消を務め、同年布衣を着することを許される。[[天和 (日本)|天和]]2年(1682年)小川村(現[[東京都]][[小平市]])に抱屋敷を所有する(元禄8年(1695年)に売却)。[[貞享]]4年([[1687年]])持筒頭となる。[[元禄]]2年([[1689年]])領地に[[長尾陣屋]](現[[大阪府]][[枚方市]]、明治2年(1869年)上知まで同地を治める)を築く。元禄9年火附改役となる。[[元禄]]12年([[1699年]])1月11日から[[宝永]]2年([[1705年]])12月1日まで[[勘定奉行|勘定頭]]を務め、[[道中奉行]]を兼帯した。元禄12年(1699年)1月13日、幕府より国絵図改正を担当するよう命を受ける。宝永2年留守居役に転任。宝永7年武蔵国比企郡および入間郡内において500石加増され計5500石となる。正徳2年御側並、翌年御側となる。享保元年[[徳川家綱]]が没するとその任を解かれた。享保3年10月19日に致仕し養子の正順に家督を譲る。享保4年(1719年)に72歳で没した。墓所は下谷の向泉寺。
 
{{DEFAULTSORT:くかい まさかた}}
[[Category:久貝氏|まさかた]]
[[Category:形原松平氏|形]]
[[Category:江戸幕府旗本]]
[[Category:江戸幕府勘定奉行]]
匿名利用者