「巨勢利和」の版間の差分

編集の要約なし
'''巨勢 利和'''(こせ としまさ、[[明和]]4年[[6月20日 (旧暦)|6月20日]]([[1767年]][[7月15日]]) - [[天保]]5年[[3月17日 (旧暦)|3月17日]]([[1834年]][[4月25日]]))は、[[江戸時代]]後期の幕臣、[[国学者]]、[[歌人]]。旗本[[松平信直]]の四男。[[諱]]は「としより」とも読む。
 
[[巨勢至親]]の養子となり、[[1786年]]([[天明]]6年)至親が没したため家督を継承。[[1789年]]([[寛政]]元年)に[[使番]]として出頭した後、[[小普請組]]、[[小姓組]]、[[書院番]]の[[番頭]]を歴任した。[[加藤千蔭]]や[[清水浜臣]]の元で学んで歌道を習熟し、千蔭の著作の序文を認めるなどしている。浜臣の覚えは良かったらしく、彼の死後、蔵書の管理を委任された。また『[[宇津保物語]]』の考究を推進し、『[[新治抄]]』10巻を認めるなどの業績を残している。
 
==関連文献==
{{DEFAULTSORT:こせ としまさ}}
[[Category:巨勢氏|としまさ]]
[[Category:形原松平氏|形]]
[[Category:江戸幕府旗本]]
[[Category:江戸時代の歌人]]
匿名利用者