「松平信利」の版間の差分

編集の要約なし
m
{{基礎情報 武士
| 氏名 = 松平 信利
| 時代 = [[江戸時代]]前期
| 生誕 = [[万治]]2年[[4月24日 (旧暦)|4月24日]]([[1659年]][[6月13日]])
| 兄弟 = [[松平信孝 (小島藩主)|信孝]]、'''信利'''、[[松平信庸 (篠山藩主)|信庸]]、ほか女子
| 妻 = 正室:なし
| 子 = 実子:なし、養子:'''''[[松平信庸 (篠山藩主)|松平信庸]]'''''
| 特記事項 =
}}
 
'''松平 信利'''(まつだいら のぶとし)は、[[丹波国|丹波]][[篠山藩]]の第3代[[藩主]]。[[丹波亀山藩]][[形原松平家]]4代。
 
万治2年(1659年)4月24日、第2代[[]]主・[[松平典信]]の次男として[[江戸]]で生まれる。[[寛文]]12年([[1672年]])11月に父が死去したため、寛文13年([[1673年]])1月19日に[[家督]]を継いで第3代藩主となった。12月28日に従五位下・主膳正に叙位・任官する。
 
しかし若年のため、藩政は[[隠居]]していた祖父の[[松平康信]]によって行なわれた。延宝3年([[1675年]])5月、[[参勤交代]]で江戸に向かう途中で発病したため、篠山に帰国する。しかし病状は好転せず、延宝4年(1676年)11月28日に篠山で死去した。享年18。跡を同母弟で[[養子]]の[[松平信庸 (篠山藩主)|信庸]]が継いだ。
 
{{形原松平家当主|9代}}
{{篠山藩主|形原松平氏|3代|1673 - 1676}}
 
{{DEFAULTSORT:まつたいら のふとし}}
[[Category:形原松平氏|のふとし]]
[[Category:江戸の大名]]
[[Category:譜代大名]]
[[Category:1659年生]]
匿名利用者