「松平光重 (大草松平家)」の版間の差分

編集の要約なし
'''松平 光重'''(まつだいら みつしげ、生年不詳? - [[永正]]5年[[2月20日 (旧暦)|2月20日]]([[1508年]][[3月21日]])<ref name=daijuji>没年および法名は『朝野旧聞裒藁』所載の「大樹寺過去帳」の記述に拠る。また西郷氏との講和を文正年中とし、頼嗣の娘を 妻とするのは「大林寺由緒」(『新編岡崎市史』6巻851項)および「岡崎領主古記」に拠るものである。</ref>)は[[戦国時代_(日本)|戦国時代]]の[[武将]]。[[岡崎市]]南部および大草([[愛知県]][[幸田町]]北部)を所領とした[[大草松平家]]初代当主。三河[[松平氏]]3代当主[[松平信光]]の5男。紀伊守を称した。
 
[[文正]]年中([[1466年]] - 67年)岡崎旧領主の[[西郷氏#三河西郷氏|西郷氏]]と講和するとともに、[[西郷頼嗣]](弾正左衛門)の娘を妻として、[[岡崎城]](明大寺旧城)主となった。そのため'''安城松平家'''[[松平清康]]による岡崎城奪取([[大永]]4年・[[1524年]])までの大草松平家を'''岡崎松平家'''と呼ぶことがある。また山中(岡崎市舞木町周辺)の地に砦を構えて、これを詰の城とした<ref>[[山中城 (三河国)|山中城]]築城は3代当主昌安によるものではなく、既に西郷氏の時代に存在していたものを光重らが引継ぎ、以降にこれを改修したとする考えに拠った(前掲書1128項)。</ref>。「新編岡崎市史2」は、現存する[[明応]]3年([[1494年]])の大樹寺あて発給文書から、彼が惣領家の支配を受けつつ、その元で活動する「奉行」としての地位にあったとしている(438項<ref> 『新編岡崎市史』6巻760項所収の、大樹寺宛に「作敷」を「永代召置」とする「松平栄金奉書」の文面による。末尾にある「仍而執達如件」の文言は、上級 権力者の命令をもって、これを通達・執行する際に用いられる慣用句と考えられることから。</ref>)。
==脚注==
<references/>
 
==関連項目==
*[[松平氏]]
 
{{松平氏歴代当主|大草松平家|}}
[[Category:戦国武将]]
[[Category:1508年没]]
[[Category:大草松平氏|みつしけ]]
匿名利用者