「対角化」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
この条件はベクトル空間の基底として ''A'' の固有ベクトルが取れることを意味している。
 
''A'' が[[対称行列]]のとき、 ''A'' は常に対角化可能であり、 ''U'' として[[直交行列]]を取ることができる。
また ''A'' が[[ユニタリー行列]] ''U'' を用いて対角化できるためには、 ''A'' が[[正規行列]]であることが[[同値|必要十分]]である。
正規行列の中で応用上重要なクラスとして、対称行列と[[エルミート行列]]がある。
16

回編集