「シュート (球種)」の版間の差分

(rv 以前差し戻された自身の編集を理由と改善なく復元している為)
 
== 概要 ==
シュートはバックスピンとサイドスピン(利き腕方向)の間の[[回転軸]]を持ち、サイドスピン側に大きく傾いていれば曲がりながら沈み、バックスピン側に傾いていれば縦方向にはほとんど変化せず横に曲がる。前者は内野ゴロを打たせるために使われることが多く、後者は決め球として使われることが多い。[[平松政次]]、[[長谷川良平]]、[[安仁屋宗八]]などが後者のタイプのシュートを投げていた。
 
リリース直後の球筋は[[速球#フォーシーム・ファストボール|直球]]に近く、右投手の場合は右[[打者]]に対し近づくように変化し、投手によっては直球より速くなることがある。そのため打者が直球と思ってスイングすると[[バット_(野球)|バット]]の芯から外れて根元に当たることになり、詰まらせて[[内野]][[ゴロ]]に打たせて取ったり、[[ファウルボール]]を打たせて[[ストライク (野球)|ストライク]]を稼ぐのに有効な球種とされる。
匿名利用者