「大国主の神話」の版間の差分

 
比較神話:八十神の迫害および根の国訪問の説話は[[課題婚]]型と呼ばれる神話の形式で、世界各地にみられる。オオナムヂが死んで母親の力によって蘇生するという話は[[フィンランド]]の叙事詩『[[カレワラ]]』と非常に酷似しているとの指摘がある。これらの話を成人[[通過儀礼]]を表すものとする説もある<ref>戸部民夫 『日本神話』 79頁。</ref>。
 
[[鳥取県]][[西伯郡]][[南部町 (鳥取県)|南部町]]にある[[赤猪岩神社]]では、転がり落とされてオオナムヂを焼き潰したとされる大岩が祀ってある。
 
カミムスビが遣わしたキサガイヒメは[[アカガイ|赤貝]]、ウムギヒメは[[ハマグリ|蛤]]であり、赤貝の殻の粉を蛤汁で溶いて火傷に塗布したと考えられている<ref>富士川游「史談-日本医史:大穴牟遲神」『中外医事新報』1915年、835号、p46-47</ref>。これは後の石灰乳(''Linimentum Calcis'')に通じるものがあり、火傷に対し妥当な治療法であったと考えられている<ref>伊沢凡人ら「中国医学の生薬療法と混同されやすいわが国・固有の生薬療法-和法」『保健の科学』2001年、43巻、8号、p595-596</ref>。
 
オオヤビコのいる「木国」(きのくに)については一般には[[紀伊国]]と解され、これを根拠に当時[[出雲国|出雲]]と紀伊の間には交流があったとされている。しかし、根の国([[黄泉]])の入口である黄泉津比良坂は旧出雲国([[島根県]][[松江市]][[東出雲町]])にあり、一旦、紀伊国まで行くのはおかしいとして、これは単に木の多い所の意味であるとする説もある。
 
大国主の妻問いの説話には五首の歌謡が出て来るが、その内容から、本来は饗宴の席で歌われた歌曲であると考えられる。また、後の時代から使われ出した枕詞が多く入っていることから、成立は比較的新しいものである。
匿名利用者