「千葉シーサイドバス」の版間の差分

m
東洋バス創業当時の路線の一つであり、幕張駅を発着する本線格の路線で、[[東洋バス]]の路線と唯一接続する路線である。
 
途中で京葉道路の武石インターと交差し、そこから実籾三丁目間の道路が渋滞する状況が長く続いている。さらに、そこから実籾駅付近は道路が狭隘である(このためワンマンの場合中型車でしか運行できない)のに加え踏切があるためにここも渋滞する(現在実籾駅付近の道路は拡幅された)。このため、これらの区間の定時性があまり良くない。また、比較的本数の多かった昔でも1時間に一本と運行頻度はあまり高くなく、実籾駅以北の住民には京成電鉄の本線と千葉線を使う方が利便性が高いと認識されているようである。このため、平成になってから徐々に本数が少なくなり、2011年312月現在平日43往復(朝1本夕方32本)のみの運行で平日の日中と土曜・休日は運行していない。
 
=== JR幕張駅〜日立製作所線 ===
203

回編集