「チューチョ・デ・メヒコ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
==略歴==
=== 少年時代 ===
父はギタリスト、祖父は壁画家という文系の家系に生まれる。かつては闘牛士を目指して、専門の勉強をしたことがある。4歳年上の兄であるホセ・オロアルテとデュオを組んだこともある。
 
=== トリオ・デルフィネス時代 ===
1952年に、チューチョは兄のホセと友人のレナルド・サモレノとともにメキシコのコーラスグループ「トリオ・デルフィネス」(Trio Delfines)を結成する。このチームのリーダーはチューチョである。
 
当時はトリオ(3(3人組の男性コーラス)の全盛期で、揃いのソンブレロに粋なチャロと言う民族衣装で演奏するグループも多く、[[マリアッチ]]とともにメキシコを代表する音楽グループの形であった。
 
その当時はほとんどのトリオがギター3台での演奏形式をとっていたが、トリオ・デルフィネスは多くの楽器を操り、ボレロからメキシコ民謡、南米のフォルクローレまで幅広く演奏するグループとして異色の存在であった。
 
1954年、メキシコの最大ラジオ局が主催するセミプロの為、登竜門のコンクールで一位を獲得し、そのラジオ局の社長自らが名付け親となり「トリオ・デルフィネス」は誕生した。
{{DEFAULTSORT:ちゆうちよ}}
[[Category:メキシコのミュージシャン]]
[[Category:1933年生]]
[[Category:存命人物]]