「高松藩」の版間の差分

m
 
== 藩史 ==
[[豊臣氏]]家臣の[[生駒親正]]が、[[豊臣秀吉|秀吉]]の[[四国]]攻め|四国平定]]後の[[天正]]15年([[1587年]])、讃岐1国の17万3000石を与えられたことに始まる。親正の子・[[生駒一正|一正]]は[[慶長]]5年([[1600年]])の[[関ヶ原の戦い]]において東軍に加担したため、戦後に所領を安堵された。しかし、第4代藩主・[[生駒高俊]]時代の[[寛永]]17年([[1640年]])にお家騒動([[生駒騒動]])により[[改易]]され、[[出羽]][[矢島藩]]に転封された。
 
その後讃岐国は一時、隣国[[伊予国]]の3藩、[[西条藩]]主・[[一柳直重]]、[[大洲藩]]主・[[加藤泰興]]、[[今治藩]]主・[[松平定房]]により分割統治された。