メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
|放送国={{JPN}}
|制作局=[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]
|企画=[[桑田佳祐]]<br />菊池仁志([[電通]])
|演出=[[菅原正豊]]([[ハウフルス|フルハウスTVP]])
|プロデューサー=[[増田一穂]](日本テレビ)<br />横山元一([[アミューズ]])<br />菊池仁志([[電通]]
|出演者=[[明石家さんま]]<br />[[桑田佳祐]]<br />[[松任谷由実]]<br />[[KUWATA BAND]]<br />ほか
|音声=[[ステレオ放送]]
[[桑田佳祐]]が中心となり、テレビではほとんど見られないミュージシャンが一堂に会して放送されたクリスマス限定の[[特別番組]]。またクレジットはされていないが、[[山下達郎]]が番組を作るうえでのアイデアや、楽譜書きなどの協力を行なっている(山下本人は出演していない)。
 
この番組のために書かれた楽曲『[[Kissin' Christmas (クリスマスだからじゃない)]]』は、[[作詞]]が松任谷由実、[[作曲]]が[[桑田佳祐]]、[[編曲]]が[[KUWATA BAND]]という組み合わせで制作された。番組の最後に、この曲が出演者全員で歌われた。同曲は番組内で「レコードにはしない!」と宣言されたために、有線放送およびFMラジオ放送用のプロモレコード(CD)がある以外として音源化されているものの、レコード化、CD化されていない。
 
==出演者==
*[[山下洋輔]]
*[[小林克也]]
*[[トミー・スナイダー]]
*[[古舘伊知郎]]
*[[原由子]]
 
==番組内容==
===1986年===
===メリー・クリスマス・ショー'86===
*スタジオ出演
:[[明石家さんま]](司会)、[[KUWATA BAND]]([[桑田佳祐]]、[[河内淳一]]、[[今野多久郎]]、[[琢磨仁]]、[[小島良喜]]、[[松田弘]])、[[松任谷由実]]、[[泉谷しげる]]、[[アン・ルイス]]、[[中村雅俊]]、[[吉川晃司]]、[[ARB]]、[[鮎川誠]]、[[原由子]]、[[トミー・スナイダー]]、[[小林克也]](途中より)
|KUWATA BAND
|-
|rowspan="2" |2||rowspan="2" |MERRY X'MAS IN SUMMER ~I〜 I Saw Mommy Kissing Santa Claus||KUWATA BAND、アンルイス、松任谷由実、原由子、中村雅俊、泉谷しげる、鮎川誠、ARB、吉川晃司、トミー・スナイダー||rowspan="2" |[[MERRY X'MAS IN SUMMER]](桑田佳祐)<br>[[ジングルベル]]([[:en:James Pierpont (musician)|ジェームズ・ピアポント]])<br>ママがサンタにキッスした([[:en:Stompin' Tom Connors|トミー・コナー]])||rowspan="2" |「MERRY X'MAS IN SUMMER」の間奏部分に「ジングル・ベル」を演奏、その後「ママがサンタにキッスした」を歌い、その曲中に桑田がスタジオに来たメンバーを紹介していった。
|-
|KUWATA BAND
|(表記無し)
|-
|rowspan="2" |9||rowspan="2" |別れても好きな人 - Dedicate to SANTANA||SANTA★NA(鈴木雅之、桜井賢)、KUWATA BAND||rowspan="2" |別れても好きな人(佐々木勉)<br>ブラック・マジック・ウーマン([[ピーター・グリーン (ミュージシャン)|ピーター・グリーン]]/[[ガボール・ザボ]])||rowspan="2" |[[ロス・インディオス]]&[[シルヴィア (歌手)|シルヴィア]]と[[サンタナ (バンド)|サンタナ]]のコラボレーション。鈴木が「ブラック」、桜井が「別れても」のヴォーカルを担当。KUWATA BANDでの参加だが、桑田は不参加。
|-
|河内淳一
|(表記無し)
|-
|rowspan="2" |16||rowspan="2" |第九交響曲 - ROLL OVER BEETHOVEN||忌野清志郎||rowspan="2" |[[交響曲第9番 (ベートーヴェン) |交響曲第9番]]([[ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン]])||rowspan="2" |日本ではクリスマス時期恒例となっている第九を、忌野がコーラス隊をバックに披露。[[ロール・オーバー・ベートーヴェン]](」([[チャック・ベリー]])のタイトルはあるが、チャック・ベリーの曲は使用されていない。
|-
|小島良喜
|}
 
===1987年===
===メリー・クリスマス・ショー'87===
単発特別番組枠『[[木曜スペシャル]]』枠で放送。
*スタジオ出演
|河内淳一
|-
|rowspan="2" |10||rowspan="2" |星降る街角 〜Janpin jack frash - Dedicate to ROLLING STONES||CHAR,米米クラブ||rowspan="2" |[[ジャンピン・ジャック・フラッシュ]](ジャガー=リチャーズ)<br>星降る街角(日高仁)||rowspan="2" |ローリング・ストーンズと[[敏いとうとハッピー&ブルー]]のコラボレーション。ストーンズをCHARが担当しているが、全ての楽器演奏、コーラスまでCHAR一人で行なった。途中CHARと[[石井竜也|カールスモーキー石井]]がヴォーカルを変えるシーンもある。なお、[[ジェームス小野田]]は最後に出るだけで、歌唱は無し。
|-
|河内淳一
|原田末秋
|-
|rowspan="2" |15||rowspan="2" |第九交響曲 - ROLL OVER BEETHOVEN||忌野清志郎||rowspan="2" |交響曲第9番(ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン)||rowspan="2" |この時は時代劇のセットをバックに歌っているが、サンタクロースが出てきたり、バニーガールとバーティーをしていたり、果てには『チャンネル変えろ~!ー!すぐに消せー!』等の発言まで出た。
|-
|小島良喜
 
==スタッフ==
===1986年===
*企画:桑田佳祐、菊池仁志
*演出:[[菅原正豊]]
*構成:長谷川勝士、[[町山広美|まちやま広美]]、浜田悠、[[小山薫堂]]、日野原幼記、[[景山民夫]]
*タイトルデザイン:[[太田和彦]]
*プロデューサー:菅原正豊(フルハウステレビプロデュース)、横山元一([[アミューズ]])、[[増田一穂]](日本テレビ)、KUWATA BAND
*音楽プロデューサー:KUWATA BAND
*プロデューサー:菅原正豊(フルハウステレビプロデュース)、横山元一([[アミューズ]])、[[増田一穂]](日本テレビ) / KUWATA BAND
*チーフプロデューサー:菊池仁志([[電通]])
*制作:電通 / フルハウステレビプロデュース、アミューズ
*製作著作:日本テレビ
 
===1987年===
*企画:アミューズ、電通
*構成:長谷川勝士、まちやま広美、[[佐々木勝俊]]、浜田悠、日野原幼紀
*タイトルデザイン:太田和彦
*音楽プロデューサー:今野多久郎
*演出協力:[[ザ・ワークス (テレビ制作会社)|ザ・ワークス]]
*制作協力:アミューズ、フルハウステレビプロデュース、[[NTV映像センター]]、電通
*総合演出:菅原正豊(フルハウステレビプロデュース)
*プロデューサー:増田一穂(日本テレビ) / 横山元一(アミューズ)、一丸周也(NTV映像センター)、島本雄二(電通)
*制作:遠藤克彦(日本テレビ)、[[高橋進]](日本テレビ)
*製作著作:日本テレビ
 
匿名利用者