「New Extend Standard Architecture」の版間の差分

m
lk修正(Bot試験)
m (lk修正(Bot試験))
== 規格 ==
*各拡張ボードおよび周辺デバイスにはインテリジェントコントローラが搭載され、高度なバス調停機能と、NESA-FOと呼ばれるリソース自動設定機能を備える。
*[[レベルトリガ]][[割り込み (コンピュータ)|割り込み]]機能を持ち、各種デバイス間で割り込み信号線の共有が可能。
*180本の接点で構成され、データ信号線3 - 4本おきに1つGNDと+5Vを配置、ノイズが発生しやすいクロック端子の脇にはGND線を置いて他の信号線との干渉を避けるなど、電気的に非常によく考えられた、耐ノイズ性能の高い構造になっている。
*32ビットのアドレス空間、データバス幅を有する。
1,042

回編集