「ヘクトパスカル」の版間の差分

ちょっと+
(ちょっと)
(ちょっと+)
'''ヘクトパスカル''' ({{fr|hectopascal, hPa}}) は、[[国際単位系]] (SI) 準拠の[[圧力]]の[[単位]]([[SI組立単位]])である。圧力の大きさとしては、かつての'''ミリバール''' ({{fr|millibar, mbar}}) と等しく、100[[パスカル]]、1/1000[[バール (単位)|バール]]とも等しい。これらの単位の間には、
 
1 [[標準気圧|気圧]](標準大気圧)(atm) <br /> = 1.01325 bar <br /> = 1013.25 mbar <br /> = 1 013.25hPa25 hPa <br /> = 101 325 Pa
 
という関係がある。
 
1パスカル(Pa)は、1[[平方メートル]] (m<sup>2</sup>) の面積に1[[ニュートン]] (N) の力が作用しているときの圧力であるが、標準大気圧(1atm、約1 000mbar)が、その1パスカルの約十万倍(10<sup>5</sup>倍)、すなわち、1ヘクトパスカル(1ミリバール)の約千倍(10<sup>3</sup>倍)であるため、[[地球]]上の気圧(の変動)をミリバール時代と全く同様に4桁で表現し続けるのに最適な単位として広汎に使用されている。
 
歴史的には、[[標準大気圧]] の1[[気圧]](1atm)と1[[バール (単位)|バール]](1bar)(バールはメートル法での単位)とが(上記のように)圧力の大きさとして極めて近接しているため、バールの1/1000の単位であるミリバール(mbar)が現在のヘクトパスカルと全く同様に[[気圧]]を表すのに最も都合のよい単位として広く使用されていた。
そこへ、[[国際単位系]] (SI) への統一が行われ、バール・ミリバールという単位の使用が廃止されたため、ミリバールと全く同じ大きさの気圧単位であるヘクトパスカルが代わりに使用されるようになった。日本での切り替えは[[1992年]][[12月1日]]からである。
 
なお、[[国際単位系]](SI)では1000の[[冪乗]](へきじょう)を意味する[[SI接頭辞|接頭辞]]を使用することが通例であり、1000の[[冪乗]](へきじょう)ではない[[ヘクト]]も[[SI]]で[[SI接頭辞|接頭辞]]として定められてはいるものの、ヘクトパスカル(hPa)以外で広汎に使われているヘクト使用の単位としては[[ヘクタール]] (ha)(= 10<sup>4</sup> m<sup>2</sup> )ぐらいしか存在していない。しかも、[[アール (単位)|アール]](a)・[[ヘクタール]](ha)のほうは、Pa・hPaとは違ってそもそも[[SI組立単位]]でさえなく、使用が許容されているだけの[[SI併用単位]]という位置づけである。したがって、実質的過ぎな、このヘクトパスカルが[[国際単位系]]([[SI組立単位]])準拠かつヘクト使用の唯一の単位とえる
 
== 関連項目 ==
58

回編集