「広島宝塚1・2・3」の版間の差分

編集の要約なし
|開館年=1951
|開館月=9
|開館日=22
|開館公演=[[麦秋 (1951年の映画)|麦秋]]
|閉館年= 2011
|閉館月= 8
 
== 概要 ==
[[1949年]](昭和24年)、地元有志が東宝と提携し、『新天地株式会社』(当初は広島東宝劇場株式会社)が設立され、[[1951年]](昭和26年)9)[[922日]]、総工事費2千5百万円をかけて『新天地劇場』が開場てオープン当初は映画上映と実演興行を交互に行う劇場だったが、[[1952年]](昭和27年)8月に東宝に経営権が移り『広島宝塚劇場』になる。[[1971年]](昭和46年)8月に閉館時まで使われる建物に建て替えられ、最盛期には4スクリーン持つを有する映画館だった。
 
末期は、[[アニメ]]作品(主に[[ドラえもん映画作品|ドラえもん]]、[[クレヨンしんちゃん (アニメ)#劇場版|クレヨンしんちゃん]]、[[ポケットモンスター (劇場版)|ポケットモンスター]])は宝塚1・2・3では上映されず、近隣の[[シネマコンプレックス]]での上映に移行してい。また、[[2009年]](平成20年)[[9月6日]]に[[広島スカラ座]]が、[[11月13日]]に[[広島東映・広島ルーブル|広島東映・ルーブル]]が閉館したため、[[松竹]][[東急レクリエーション|東急]]系の洋画と邦画作品(例:『[[おとうと (2010年の映画)|おとうと]]』『[[ソーシャル・ネットワーク (映画)|ソーシャル・ネットワーク]]』等)も一部上映されるなど、番組編成が徐々にフリー化していった。
 
[[2011年]](平成23年)6月に同年8月末での閉館を発表。8月31日、午後6時42分終映の『[[コクリコ坂から]]』を持って閉館した。広島宝塚の閉館で、広島市内から[[序破急 (企業)|序破急]](シネツイン・サロンシネマ・八丁座)や成人館などを除いて、広島市中心部から大手映画会社系映画館は消滅した。
 
== 沿革 ==
* [[1951年]](昭和26年)9)[[922日]]:前身となる「'''新天地劇場'''」がオープン。当時は[[松竹]]系の作品を中心に上映していた
* [[1952年]](昭和27年)8)[[831日]]:[[東宝]]に経営が譲られ「'''広島宝塚劇場'''」と改称。
* [[1971年]](昭和46年)[[8月2日]]:全面改築し、「広島宝塚劇場」(3階)、「宝塚地下劇場」(地下1階。「広島塚3。地下1階となる)の2館体制となる。
* [[1987年]](昭和62年)[[3月1日]]:ミニシアター「広島宝塚2」を新設。これに伴い宝塚劇場は「広島宝塚1」に、広島東宝は「広島宝塚3」に改称。
* [[1995年]](平成7年):新天地レジャービル5階の'''宝塚4'''(座席数200)を加え4館体制となる。
* [[20041995年]](平成167年)[[5318日]]:新天地レジャービル5階の'''宝塚4をサロンシネマなどを運営する「[[序破急 (企業)|序破急]]」に譲渡(→'''シネツイン新天地''')し3(座席数200)を加え4館体制に戻すとなる
* [[1997年]](平成9年)[[7月12日]]:宝塚1にて『[[もののけ姫]]』公開。わずか半年に及ぶロングランヒットを記録する。
* [[2004年]](平成16年)[[5月23日]]:宝塚4をサロンシネマなどを運営する「[[序破急 (企業)|序破急]]」に譲渡(→'''シネツイン新天地''')し3館体制に戻す。
* [[2008年]](平成20年)[[2月1日]]:運営会社が[[東宝関西興行]]から[[関西共栄興行]]に変更。
* [[2011年]](平成23年)[[6月]]:近隣の[[シネマコンプレックス]]<ref group="脚注">同劇場を中心とした10km圏内には[[広島イースト#ワーナー・マイカル・シネマズ広島|ワーナー・マイカル・シネマズ広島]]、[[イオンモール広島府中#広島バルト11|広島バルト11]]、[[フジグラン緑井#TOHOシネマズ緑井|TOHOシネマズ緑井]]、[[アルパーク#109シネマズ広島|109シネマズ広島]]の4サイトが存在する。</ref>に客足を奪われたことや、建物の老朽化などの事情により閉館を発表する<ref>{{Cite web|date=2011-06-07|url=http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201106070077.html|title=最後の老舗 広島宝塚閉館へ|publisher=中国新聞|language=日本語|accessdate=2011-07-15}}</ref>。
匿名利用者