「インベストメント鋳造」の版間の差分

Wikipedia:レイアウトの指針#記事の構成、{{Commonscat|Investment casting}}、{{デフォルトソート:}}
(Wikipedia:レイアウトの指針#記事の構成、{{Commonscat|Investment casting}}、{{デフォルトソート:}})
'''インベストメント鋳造'''(インベストメントちゅうぞう、{{Lang-en-short|Investment casting)casting}})とは、[[鋳造]]方法のひとつで、複雑な形状の製品を簡易に製造できる手法として用いられる。別名、'''[[ロストワックス]]鋳造''' ({{Lang|en|Lost wax casting}})。
[[ファイル:Lost Wax-Model of apple in wax.jpg|thumb|1.]]
[[ファイル:Lost Wax-Model of apple in plaster.jpg |thumb| 2.]]
[[ファイル:Lost Wax-Model of apple in paraffine.jpg|thumb|3.]]
[[ファイル:Lost Wax-Moldmaking of an apple.jpg|thumb|4.]]
[[ファイル:Lost Wax-Apple in bronze.jpg|thumb|5.]]
 
'''インベストメント鋳造'''(インベストメントちゅうぞう、Investment casting)とは、[[鋳造]]方法のひとつで、複雑な形状の製品を簡易に製造できる手法として用いられる。別名、'''[[ロストワックス]]鋳造''' (Lost wax casting)。
 
== 概要 ==
まず鋳造する製品と同じ形状の原型を、ワックス([[蝋]])で製作する。この原型にはあらかじめ湯口の部分を作っておく。次に原型の周囲を[[磁器]]等で焼き固めて[[鋳型]]を造る。このとき原型のワックスは熱で融け出して消失する。こうして完成した鋳型へ溶融金属を流し込み、冷えた時点で鋳型を破壊すると[[鋳物]]が残り完成となる。
 
<gallery>
[[ファイル:Lost Wax-Model of apple in wax.jpg|thumb|1.]]
[[ファイル:Lost Wax-Model of apple in plaster.jpg |thumb| 2.]]
[[ファイル:Lost Wax-Model of apple in paraffine.jpg|thumb|3.]]
[[ファイル:Lost Wax-Moldmaking of an apple.jpg|thumb|4.]]
[[ファイル:Lost Wax-Apple in bronze.jpg|thumb|5.]]
</gallery>
 
== 特徴 ==
* 原型・鋳型とも使い捨てのため、[[ダイカスト]]などと比較して大量生産には向かない。
* あまり大型の鋳物を製造することはできない。
 
以上の特徴から、[[歯車]]などの小型で精密な機械部品、あるいは[[指輪]]や[[ペンダント]]などの[[装身具]]などを製造するために用いられることが多い。
 
また、歯科医療において[[クラウン (歯科)|クラウン]]などを製造する歯科精密鋳造の方法として一般的であり、[[歯科医師]]や[[歯科技工士]]が行っている。
 
<!-- == 脚注 ==
[[Category:鋳造|いんへすとめんとちゆうそう]]
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}} -->
== 参考文献 == <!-- {{Cite book}} --> <!-- {{Cite journal}} -->
{{節stub}}
 
== 関連項目 ==
{{Commonscat|Investment casting}}
* [[鋳造]]
 
== 外部リンク == <!-- {{Cite web}} -->
{{節stub}}
 
{{Tech-stub}}
 
[[Category{{デフォルトソート:鋳造|いんへすとめんとちゆうそう]]}}
[[Category:鋳造]]
 
[[ca:Cera perduda]]
匿名利用者