「ステップ (パソコンショップ)」の版間の差分

後述の「5つのNO!」を掲げ、運営コストを徹底的に削減することで低価格を実現、大量販売で成長する。秋葉原や日本橋にも進出し、ピーク時の1994年2月期には265億円を売り上げたものの、薄利多売が行き過ぎて、この時ですら4300万円の欠損を計上していた。さらに、パソコン価格の下落と他店との価格競争により収益が悪化し、翌1995年2月期には170億円と売上が大幅に減少した。
 
この売上の減少はステップに致命的なダメージを与えた。ステップでは通信販売において、購入者に前もって代金を入金させ、これを運転資金として商品調達を行っていたため、売上の減少による資金不足で[[Windows95]]発売後に極端な時の「上減少に見舞わてしまった時」を逃す結果となる。それでも何とか売上回復を期して、PCメモリを格安で販売する戦略に打って出たが、雑誌広告にメモリの価格を先読みして打ち出したため、結局、雑誌に掲載された価格よりも調達価格が上回ることも多く、伝票上多額の損失を計上した。寺田社長は「マージンが入るので大丈夫」と公言していたものの、それを確認できるような人物は人事面で既に排除されてしまっていた。
 
これらの打開策として秋葉原に「ステップPC工房」を開店。ジュエリー用のショーケースにPCパーツが陳列され、落ち着いた雰囲気の中で自作パーツの購入や好きな組み合わせでのパソコンオーダーができるという店舗であった。これと同時に本社機能の一部を秋葉原に移転したものの、3ヶ月後に再び市川市に戻す結果となり、この移転費用も大きな負担となった。肝心のステップPC工房のジュエリーケースも、サイズのミスで使用できない什器が出るなどした。
匿名利用者