「電圧計」の版間の差分

m (r2.6.5) (ロボットによる 追加: kk:Вольтметр)
(Wikipedia:レイアウトの指針#記事の構成、{{デフォルトソート:}})
 
== 内部構造 ==
[[画像ファイル:D.C.VOLTMETER(OPEN).JPG|rightthumb|100px|thumb|可動コイル形]]
[[画像ファイル:A.C.VOLTMETER(OPEN).JPG|rightthumb|100px|thumb|可動鉄片形]]
基本的な構造は電流計と同じであるが、回路上に[[電気抵抗]]があるため定電流が流れると[[オームの法則]]により求められた電圧を検針可能な構造となっている。右に可動コイル型の図を示す。構成部品は永久磁石、コイル、指針となっている。さらにその下の図は可動鉄片形で構成部品は可動鉄片、固定鉄片、指針となる。
 
== 直流電圧計 ==
[[画像ファイル:D.C.VOLTMETER.JPG|rightthumb|100px|thumb|直流電圧計]]
直流においての電圧を測定するのに使用される。構造は可動コイル型 (Moving-Coil Type) であり永久磁石およびコイルで構成される。また、振れ角は電流に比例するので目盛り平等目盛りとなる。
 
== 交流電圧計 ==
[[画像ファイル:A.C.VOLTMETER.JPG|rightthumb|100px|thumb|交流電圧計]]
構造は可動鉄片形 (Moving-iron Type) であり、非常に簡単、堅牢、安価で[[商用電源]]周波数程度 (45 - 65Hz) の交流電圧を測定するのに広く使用されている。本来は実効値の2乗で針が振れるが固定鉄片の形を改良することにより、定格の10 - 20%以上はほぼ平等目盛りとすることができる(写真の目盛りの始まり付近のことである)。
 
 
== 分圧器及び計器用変圧器 ==
[[画像ファイル:Potential Divider.JPG|rightthumb|100px|thumb|分圧器(マンガニン抵抗)]]
分圧器は、[[直流]][[電圧計]]の測定範囲拡大に使われる[[直流用測定範囲拡張器]]である。電圧計に直列に接続し電圧計にかかる[[電圧]]を低下させる[[抵抗器]]である。
 
電圧計の最大目盛りの時の電圧をV<sub>m</sub>・内部[[電気抵抗]]をr・電圧降下をV<sub>r</sub>、倍率器の抵抗をR<sub>S</sub>、とすると次のようになる。
 
* <math> V_m = V_r + \frac{V_r}{r} = V_r \left(1 + \frac{R_S}{r}\right)</math>
* <math>\frac{V_m}{V_r} = \left(1 + \frac{R_S}{r}\right)</math>
 
よって、最大目盛りの時の電圧が<math>\left(1 + \frac{R_S}{r}\right)</math>倍に拡大されたことになる。
 
 
この場合、計器の文字盤の表示はバッテリー+端子から出力される[[ボルト (単位)|ボルト]]を数値的に示す。多くの12V電装の車種では指針上限が16V、中央部分が12V、指針下限が8Vを示している。6V電装車の場合は指針上限が9V、中央部分が6V、指針下限が3Vを示している。社外品においては、[[シガーソケット]]に接続するタイプの小型電圧計も存在する。この場合、表記は「正常」「不足」「要点検」などのより抽象的な表記で表されている事が多い。
 
<!-- == 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}} -->
== 参考文献 == <!-- {{Cite book}} --> <!-- {{Cite journal}} -->
{{節stub}}
 
== 関連項目 ==
<!-- {{Commonscat|}} -->
* [[指示電気計器]]
* [[回路計]]
* [[分圧回路]]
* [[同期検定器]]
 
== 外部リンク == <!-- {{Cite web}} -->
{{節stub}}
 
{{自動車部品}}
{{techTech-stub}}
 
[[Category:電気・電子計測機器|てんあつけい]]
{{デフォルトソート:てんあつけい}}
[[Category:電気・電子計測機器|てんあつけい]]
 
[[ar:مقياس الجهد الكهربي]]
匿名利用者