「ヴェルフ2世 (バイエルン公)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
[[file:MatWElf Villani.jpg|right|thumb|200px|ヴェルフ2世とマティルダ]]
'''ヴェルフ2世'''(Welf II, [[1072年]]または[[1073年]] - [[1120年]][[9月24日]])は、[[バイエルン大公|バイエルン公]](在位:[[1101年]] - 1120年)。[[ヴェルフ1世 (バイエルン公)|ヴェルフ1世]]と[[フランドル伯]][[ボードゥアン4世 (フランドル伯)|ボードゥアン4世]]の娘ユーディトの長男。[[ハインリヒ9世 (バイエルン公)|ハインリヒ9世]]の兄。[[ヴェルフ家]]では'''ヴェルフ5世'''と呼ばれる。肥満公(die(der Fettleibigkeit)Dicke)とも称される。
 
当時、[[神聖ローマ皇帝]][[ハインリヒ4世 (神聖ローマ皇帝)|ハインリヒ4世]]と[[教皇|ローマ教皇]][[グレゴリウス7世 (ローマ教皇)|グレゴリウス7世]]が[[叙任権闘争]]で争っていたが、父は教皇派に与して[[1077年]]、ハインリヒ4世によってバイエルン公位を剥奪された。[[1089年]]にヴェルフ2世は[[トスカーナ州|トスカーナ]]女伯[[マティルデ・ディ・カノッサ]]と結婚したが、教皇派との関係を強めたい父の意向があった。また、この結婚で教皇派はヴェルフ(ゲルフ)と呼ばれていった([[教皇派と皇帝派]]を参照)。
4,648

回編集