「キノコの部位」の版間の差分

m
m (epithecium は子実上層(=子嚢上層)の意である:イグチ類の管孔とカワラタケなどの管孔との相違について補足:「石突き」は菌学用語ではないので削除)
 
ひだの先にあるシスチジアを'''縁シスチジア'''('''Cheilo cystidia''')、ひだの側面にあるものを'''側シスチジア'''('''Pleuro cystidia''')、柄にあるものを'''柄シスチジア'''、肉内の導管近くにあるものを'''偽シスチジア'''という。また、[[アンモニア]]水で黄変するものを'''黄金シスチジア'''('''Crysocystidia-um''')という。シスチジアのない[[種 (分類学)|種]]や、縁シスチジアと側シスチジアの形が違う種などがありキノコの同定では重要である。
 
シスチジアは通常肉眼では見えないが、[[ヒナノヒガサ]](''Rickenella fibula'')、[[ミヤマオチバタケ]](''Marasmius cohaerens'')などの小型のキノコの中には、肉眼で見える大型のシスチジアを持つものがある。
 
=== 胞子 ===
{{Main|胞子}}