「筑後十五城」の版間の差分

編集の要約なし
(曖昧さ回避処置)
蒲池氏を筆頭とする筑後の国人領主は、大友氏の幕下にあって戦の度に動員されはしたものの、軍事以外の領国経営においては独立していた。つまり筑後十五城の大身たちは大友氏の軍事力に従っているにすぎず、常に独立あるいは敵対の可能性を秘めていることになり、そのため大友氏は、筑後国内に「高一揆衆」という大友氏直参の小豪族を配置し、「大名分」としての筑後十五城の国人を監視した。
 
大友氏が[[耳川の戦い]]で[[島津氏]]に大敗し、十五城筆頭の[[蒲池鑑盛]]が討ち死にするや、[[肥前国]]の[[龍造寺氏]]が筑後に侵攻を開始し、山下城に篭城して頑強に抵抗した上蒲池の[[蒲池鑑広]]、今山城の[[三池鎮実]]、また一貫して大友氏に付いた[[問註所鑑景]]など少数の例外を除いて新興の龍造寺側に与することになる。
 
筑後十五城筆頭の柳川の[[蒲池鎮漣]]の妻は[[龍造寺隆信]]の娘であり、鎮漣は義父の隆信の与力として龍造寺氏の尖兵となるが、やがて隆信と反目し、隆信は[[柳川城]]を包囲するが、九州屈指の堅城である柳川城を攻めきれず、隆信は鎮漣と一旦和睦した後に肥前に招いて謀殺し、下蒲池を滅ぼして柳川を制圧した。
匿名利用者