「グミ・チョコレート・パイン」の版間の差分

配役 + WP:JPE#著作物名(シングル曲「」)
m (+cat)
(配役 + WP:JPE#著作物名(シングル曲「」))
 
== 映像化 ==
[[ケラリーノ・サンドロヴィッチ]]監督・脚本による映画化。2007年12月22日公開。エンディングテーマ[[少年ヤング]]は[[電気グルーヴ]]による書き下ろし。上映時間127分。
=== キャスト ===
*ケンゾー大橋賢三:[[石田卓也 (俳優)|石田卓也]]/38歳/2007年ケンゾー賢三:[[大森南朋]]
*山口美甘子:[[黒川芽以]]
*1986年のカワボン(川本良也):[[森岡龍]]/38歳/2007年のカワボン:[[マギー (俳優)|マギー]]
*1986年のタクオ(小久保多久夫):[[金井勇太]]/38歳/2007年のタクオ:[[甲本雅裕]]
*山之上和豊:[[柄本佑]]
*賢三の母:[[高橋ひとみ]]
*[[犬山イヌコ]]
*賢三の父:[[山崎一]]
*[[みのすけ]]
*ノイズバンド「自分BOX」のヴォーカル、ジャイガー:[[犬山イヌコ]]
*[[ピエール瀧]]
*ノイズバンド「自分BOX」のギタリスト、バイラス:[[山西惇]]
*[[峯田和伸]]
*タクオの父:[[浅野和之]]
*[[中越典子]]
*タクオの母:[[峯村リエ]]
*[[竹中直人]]
*タクオが憧れる女教師:[[中越典子]]
*[[鈴木慶一]]
*タクオの家の隣のアパートに住む男:[[みのすけ]]
*[[内田春菊]]
*賢三の父の友人:[[竹中直人]]
*[[高橋ひとみ]]
*理科教師:[[山崎一本剛史]]
*レコード店・店員:[[田中哲司]]
*[[山西惇]]
*巡査:[[林和義]]
*[[峯村リエ]]
*写真店・店主:[[鈴木慶一]]
*[[浅野和之]]
*映画館窓口の女:[[内田春菊]]
*[[田中哲司]]
*テレビで語る[[丹波哲郎]]風の男:[[ピエール瀧]]
*[[林和義]]
*2007年のカワボンが撮っているAV男優:[[峯田和伸]]
*[[山本剛史]]
*教師:[[森下能幸]]
*[[宇賀那健一]]
*[[和伸奈麻]]
*[[春菊]]
*[[中越典松永玲子]]
*[[村上大樹]]
*[[村岡希美]]
*[[竹中直緋田康人]]
*賢三と美甘子のクラスメイト、モロ子:[[松田まどか]]
*[[富川一人]]
*[[小林きな子]]
*[[剛史]]
*[[野間口徹]]
*学級委員長・長谷川<ref>[http://breath-chavez.com/artist/actor/ugana/index2.html 有限会社ブレス・チャベス事業部|宇賀那健一]</ref>:[[宇賀那健一]]
*2007年のカワボンが撮っているAV女優:[[コスプレ声]]
 
== エピソード ==
映画版主演の石田卓也は、役作りの為10kg近くために12kg体重を増やして撮影に臨んだ<ref>『オーケンの、私は変な映画を観た!! 2』大槻ケンヂ・著キネマ旬報社)113ペーテレビ</ref>。なお、この体重増量は監督からの指示だった<ref>銀幕会議オーケンの、私は変な映画を観た!! 2大槻ケンヂ・著(キネマ旬報社)115ページ</ref>
 
若手作家の[[中沢健]]が『グミ・チョコレート・パイン』にインスパイアを受けて書いた童貞青春小説『初恋芸人』に、著者である大槻自身も感銘を受けて本の帯に推薦文を書いた。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{reflist}}
 
== 外部リンク ==
*[http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD11847/staff.html グミ・チョコレート・パイン 監督・俳優 - goo 映画]
*[http://movie.walkerplus.com/mv36834/ グミ・チョコレート・パイン | Movie Walker]
{{lit-stub}}
{{movie-stub}}
34,541

回編集