「地震の年表 (日本)」の版間の差分

m
887年と1614年の直江津の地震を追加。1614年の震源地を追加。
m (1590年の地震を安房国に訂正。)
m (887年と1614年の直江津の地震を追加。1614年の震源地を追加。)
*[[880年]][[11月19日]]([[11月23日]])(元慶4年[[10月14日 (旧暦)|10月14日]]) [[出雲国|出雲]]で地震 - M 7。
*[[886年]][[6月29日]]([[7月3日]])([[仁和]]2年[[5月24日 (旧暦)|5月24日]]) - [[伊豆諸島]]噴火。[[安房国|安房]]の国で降灰と地震。
*[[887年]]
**(仁和3年)[[887年7月6日]] 越後西部を震源、M6.5。津波による溺死者は1000人にのぼったとされる。[[8月22日]]([[8月26日]])(仁和3年[[7月30日 (旧暦)|7月30日]]) [[仁和地震]](東海・東南海・南海地震連動説有) - '''M 8〜8.5'''、[[五畿七道]]諸国大震、[[京都]]・[[摂津国|摂津]]を中心に死者多数。津波あり。南海地震の記録だが地質調査によればほぼ同時期に東南海・東海地震も発生。
 
;[[10世紀]]
**[[9月27日]](慶長16年[[8月21日 (旧暦)|8月21日]]) [[会津地震]] - M 6.9、死者3,700人。
**[[12月2日]](慶長16年[[10月28日 (旧暦)|10月28日]]) [[慶長三陸地震]] - '''M 8.1'''。東北地方太平洋側で繰り返し発生していると推定されるM9クラスの地震の候補とされる<ref name="Koketsu" />。死者約2,000〜5,000人。
*[[1614年]]
*[[1614年]]津波が千葉県銚子市の飯沼観音の境内まで到達したとの記録あり
**(慶長19年)[[10月25日]] [[高田領大地震]]- M 7.7。震源は直江津沖。震域は会津、伊豆、紀伊、山城、松山諸国まで及んだ。越後高田藩では地震と津波により死者多数。同日にM7.7 震源伊豆。伊豆と小田原で被害大。津波被害甚大で多くの死者発生。千葉県銚子市の飯沼観音の境内まで到達したとの記録あり。
*[[1615年]][[6月26日]](慶長20年[[6月1日 (旧暦)|6月1日]]) [[江戸地震]] - M 6、死者多数。
*[[1616年]][[9月9日]]([[元和 (日本)|元和]]2年[[7月28日 (旧暦)|7月28日]]) [[宮城県沖地震#1616年宮城県沖地震|宮城県沖地震]] - M 7.0、仙台城が破損。
**[[3月17日]]([[慶安]]2年[[2月5日 (旧暦)|2月5日]]) 安芸・伊予で地震 - M 7.0。松山城、宇和島城の石垣や塀が崩れる。
**[[7月30日]](慶安2年[[6月21日 (旧暦)|6月21日]]) [[武蔵・下野地震]] - M 7.1、死者多数。
*[[1655年]] [[房総沖地震]] 千葉県で津波の記録あり
*[[1659年]][[4月21日]](万治2年[[2月30日 (旧暦)|2月30日]]) 会津で地震 - M 6.8〜7.0、死者多数。
*[[1662年]]
177

回編集