「錯誤」の版間の差分

編集の要約なし
 
==== 表意者の無重過失 ====
民法95条は表意者が錯誤無効を主張する要件として表意者に重大な過失がないことを要するとしている(民法95条但書)。今日の多数説によれば表意者の無重過失は錯誤の要件(消極要件)とされ、表意者に過失があるときにはそもそも錯誤は成立しない<ref>川井健著 『民法概論1 民法総則 第4版』 有斐閣、2008年3月、176頁</ref>。重過失の立証責任は相手方にある(通説・判例。判例として大判大7・12・3民録24輯2284頁)<ref>川井健著 『民法概論1 民法総則 第4版』 有斐閣、2008年3月、177頁</ref>。
 
なお、表意者の意思表示の錯誤について相手方が知っていた場合(悪意)には、相手方を保護する必要はなく民法95条但書の適用はない(通説・判例)<ref>内田貴著 『民法Ⅰ 第4版 総則・物権総論』 東京大学出版会、2008年4月、69頁</ref><ref>川井健著 『民法概論1 民法総則 第4版』 有斐閣、2008年3月、177頁</ref><ref>近江幸治著 『民法講義Ⅰ 民法総則 第5版』 成文堂、2005年3月、187-188頁</ref>。
839

回編集