「記譜法」の版間の差分

m
+{{出典の明記}}
m (r2.7.2) (ロボットによる 変更: de:Notation (Musik))
m (+{{出典の明記}})
{{出典の明記|date=2011年12月}}
'''記譜法'''(きふほう、{{lang-en-short|notation}})は、[[楽譜]]を書くための一定の規則をいう。
 
音楽を書き記すための努力は古来様々な形で行われてきて、一定の成果を上げているが、西洋にあっては、[[五線]]を用いた記譜法が登場して以来、格段の発展を遂げ、ほとんどすべての楽譜が五線を用いた記譜法やそれを基礎にした記譜法によって書かれている。
 
== 文字譜 ==
[[古代ギリシア]]で用いられた記譜法。歌詞の上に音高を文字で記す。
[[オクシリンコス・パピルス]]に現存する最古(紀元[[280年]])の[[キリスト教]]([[東方諸教会]])の聖歌とされる『三位一体の聖歌』(オクシリンコスの賛歌)がギリシア記譜法で記されていた。
 
== ネウマ ==
[[{{See|ネウマ譜]]}}
 
== 計量記譜法 ==
[[:{{See|en:Mensural notation]]}}
 
==五線記譜法==
 
== 五線記譜法 ==
五線を用いることにより、時間を水平軸に、[[音高]]を垂直軸にとって、二つの要素を分離したことが五線を用いた記譜法の大きな特徴である。世界で最も広まっていて誰にでも理解できる共通的な記譜法である。
 
また、合奏練習などのために、[[練習番号]]、[[小節]]番号といった楽譜上の位置を知るための記号を加えることがある。これらの記号は音符の下または上に書かれる。
 
== クラヴァールスクリボ ==
[[File:Klavarscribo.png|thumb|right|200px|]]
[[Image:Klavarscribo.png|thumb]]二音音楽のような現代音楽の記譜には適さない。このため様々な記譜法が考案された。五線記譜法に慣れた演奏者たちにとってそれらは五線記譜法に取って代わるものとはなり得なかったが、それらの中でももっとも成功したといえるものである。
 
五線記譜法は横軸に時間を、縦軸に音高をとるが、この記譜法では縦軸に時間を、横軸に音高をとる。五線の各線に相当する線は縦線で書かれ、2本、3本がまとめて書かれ、繰り返される。これらの線はピアノの黒鍵を表す。黒鍵の音は線上に音符を書く。白鍵の音は線のないところに(五線記譜法における「間」同様)音符を書く。たとえば、ハ/C音は、2本まとめて書かれた線の左の線の左に接して書かれる。
 
== 博士 ==
 
[[博士]](はかせ)は[[声明]](しょうみょう)の記譜法である。漢字で書かれた[[歌詞]]の一字一字の回りにその節回しを屈折した直線ないし曲線で書くもので、線は歌詞の近くから始まり、時間を追うごとにだんだん遠ざかる。おおむね、線の角度が音の高さを示す。
 
== 三味線や箏における記譜法 ==
 
[[三味線]]や[[箏]]の楽譜は、一般に、楽器の演奏の仕方を書き記した[[タブラチュア]]に分類される楽譜で書かれる。[[弦 (楽器)|弦]]名や[[勘所]]名、[[奏法]]、[[口三味線]]などの[[唱歌 (演奏法)|唱歌]](しょうが)によって示される。極簡単な例は例えば[[篠笛#楽譜]]参照。
 
== グラフィックによる記譜法 ==
現代音楽などで五線による記譜法が不可能な場合に良く用いられる。例としては[[シルヴァーノ・ブッソッティ|ブソッティ]]などの諸作品、[[アレックス・エッケルト]]の作品、[[ペーター・ホッホ]]の作品、[[モートン・フェルドマン]]の諸作品、[[ジョン・ケージ|ケージ]]、[[カールハインツ・シュトックハウゼン|シュトックハウゼン]]の「七つの日々から」、[[ミヒャエル・フェッター]]の諸作品、[[アネスティス・ロゴテティス]]などが挙げられる。いずれも五線のような正確な演奏は望めなく、おおよそでやる即興音楽的な性格がとても強い。
 
==関連項目==
{{Commonscat|Musical notation}}
 
{{Classic-stub}}
{{Musical notation}}
{{Classic-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:きふほう}}
[[Category:記譜法|*]]