「大国主の神話」の版間の差分

オオナムヂ(後の大国主)のたくさんの兄神たちである八十神(ヤソガミ)は因幡国のヤガミヒメに求婚するが、ヤガミヒメはオオナムヂと結婚するといった。そこで、八十神はオオナムヂを恨み、殺すことにした。オオナムヂを伯岐国の手前の山麓につれて来て、「赤い猪がこの山にいる。我々が一斉に追い下ろすから、お前は待ち受けてそれを捕えよ」と命令した。オオナムヂが山麓で待ち構えていた所に、八十神たちは猪に似た大石を火で焼いて転がし落とした。オオナムヂはそれを捕えようとして、石に焼かれて死んでしまった<ref>[[戸部民夫]] 『日本神話』 76-77頁。</ref>。
 
それを知ったオオナムヂの母親の刺国若比売(サシクニワカヒメ)は嘆き悲しんで[[高天原]]に上り、[[カミムスビ]]に救いを求めた。カミムスビは[[キサガイヒメ・ウムギヒメ|キサガイヒメ({討/虫}𧏛貝比売)とウムギヒメ(蛤貝比売)]]を遣わした。二神の治療によりオオナムヂは生き返り、出て歩けるまでに回復した<ref>戸部民夫 『日本神話』 77-79頁。</ref>。
 
オオナムヂが生き返ったことを知った八十神は、またオオナムヂを殺すことにした。大木を切り倒して楔で割れ目を作り、そのなかにオオナムヂを入らせ、楔を引き抜いて打ち殺してしまった。母親が泣きながら探したところ、その大木をみつけることができ、すぐに木を裂いて取り出して生き返らせた。母親は、「あなたはここにいたら、八十神によって滅ぼされてしまうだろう」といい、木国の[[五十猛神|オオヤビコ]]の所へ行かせた<ref>戸部民夫 『日本神話』 79-80頁。</ref>。
匿名利用者